西宮・甲子園の隠れ家診療所
AIMY鍼灸整骨院 10th Anniversary
〒663-8103 兵庫県西宮市熊野町1-5ファイブビル2F
『東北に笑顔を』 そして 被災された すべての皆様に『笑顔を』

sign0.png

足の陽明胃経(Stomach Meridian;ST)は、体内では胃の蔵に属し脾の腑に絡む。体表では、顔面(前頭部)、体幹の前面(胸腹部の第3コース)、下肢外側の前縁を走り、足の第2指外側に至る。その流注により、胃経の経穴は顔面(鼻・歯)や咽喉の疾患、下肢前面外側の知覚・運動障害及び胃腸等の消化器系の疾患の治療に用いられる。

通常、陽経は体表の外側・背部を流注することが多いのであるが、なぜ胃経は体幹(胸腹)の前面を走るかといえば、東洋医学では胃は脾と共に五行で「土」に属し、生体に営血などの栄養素を作り出し、「後天の本、気血生血化の源」といわれる。機能の面で陰的な性質を持つと考えられるので、その経脈の一部分は、陰経の流注の部位を走る次第である。

原穴   ST42 衝陽


郄穴   ST34 梁丘


絡穴   ST40 豊隆


募穴   CV12 中脘


兪穴   BL21 胃兪


四総穴  ST36 足三里

 
st1.png

ST1.jpg
【ツボの位置】
瞳孔を通る垂線上の眼窩縁下縁に取る。

【ツボの主治・効能】
目の諸疾患、顔面神経麻痺、三叉神経痛、目筋痙攣、眼精疲労

【名前の由来】
「承」は受けるの意味。本穴の位置が涙を受け止める位置にあることから名づけられた。



ページ先頭へ

 
st2.png

ST2.jpg
【ツボの位置】
瞳孔を通る垂線上の眼窩縁下孔に取る。

【ツボの主治・効能】
顔面神経麻痺、三叉神経痛、目の諸疾患、目筋痙攣、眼精疲労、鼻炎、頭痛

【名前の由来】
四は広く、白は明るい意味で、眼窩下孔にある本穴は目の疾患を主ることを示唆している。



ページ先頭へ

 
st3.png

※↑巨髎の「髎」の文字が表示されないため、表示が「巨摎」になっております。「巨髎(こりょう)」が正しい表記になります。

ST3.jpg
【ツボの位置】
瞳孔を通る垂線と尾翼下縁の高さとの交点に取る。

【ツボの主治・効能】
顔面神経麻痺、三叉神経痛、顔面筋痙攣、鼻炎、歯痛

【名前の由来】
「巨」は大きい、「髎」は骨の隙間を意味する。本穴は頬骨と上顎骨の接合部にあることに由来する。



ページ先頭へ

 
st4.png

ST4.jpg
【ツボの位置】
巨髎の直下、口角の高さに取る。(巨髎; #3 瞳孔を通る垂線と尾翼下縁の高さとの交点に取る。)

【ツボの主治・効能】
顔面神経麻痺、三叉神経痛、顔面筋痙攣、歯痛、咬筋痙攣

【名前の由来】
「地」は土地、「倉」は食物を貯蔵するの意味。古人は額を天の庭に、頬を「地」にたとえ、頬と歯の間に食物がたまった様子を「倉」といったことから名づけられた。

ページ先頭へ

 
st5.png

ST5.jpg
【ツボの位置】
下顎角の前1寸3分、咬筋停止部の前縁、動脈拍動部に取る。

【ツボの主治・効能】
顔面神経麻痺、三叉神経痛、咬筋痙攣、耳下腺縁、歯痛

【名前の由来】
「迎」は迎合することを意味する。本穴は下顎骨にあり、前には頸動脈が通っている。そこを押圧すると指に大きな拍動を感じることから名づけられた。



ページ先頭へ

 
st6.png

ST6.jpg
【ツボの位置】
下顎角と耳垂下端とのほぼ中央の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
顔面神経麻痺、三叉神経痛、咬筋痙攣、耳下腺縁、歯痛、下顎関節障害

【名前の由来】
古代、下顎骨を「頬車骨」ということより名づけられた。


ページ先頭へ

 
st7.png

ST7.jpg
【ツボの位置】
頬骨弓中央の下際の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
下顎関節障害、咬筋痙攣、耳下腺縁、歯痛、顔面神経麻痺、三叉神経痛、耳鳴

【名前の由来】
「関」は関節を意味する。下顎関節の運動障害に聞くことより名づけられた。


 ページ先頭へ        

 
st8.png
ST8.jpg
【ツボの位置】
側頭部の額角髪際の外方4寸5分に取る。

【ツボの主治・効能】
頭痛、偏頭痛、めまい、高血圧、目の諸疾患、顔面神経麻痺、眼筋痙攣、脱毛症

【名前の由来】
「維」は角の意味で、本穴が側頭部の額角にあることより名づけられた。



ページ先頭へ

 
st9.png

ST9.jpg
【ツボの位置】
喉頭隆起の外1寸5分、胸鎖乳突筋の前際、総頚動脈拍動部に取る。

【ツボの主治・効能】
高血圧、低血圧、咽喉腫脹、甲状腺疾患、喘息、頚部リンパ節腫脹、嚥下障害、嗄声

【名前の由来】
天・地・人三才理論により、この部位は「人気」を診るところ。現代でも総頚動脈の拍動を触診する部位である。「迎」は動脈拍動を迎える「診る」の意味である。




ページ先頭へ

 
st10.png

ST10.jpg
【ツボの位置】
人迎と気舎の中央に取る。(人迎;喉頭隆起の外1寸5分、胸鎖乳突筋の前際、総頚動脈拍動部に取る。気舎;人迎の直下、小鎖骨上窩の中央、前正中線の外約1寸5分に取る。

【ツボの主治・効能】
咽喉腫脹、扁桃体炎、甲状腺疾患、喘息、頚部リンパ節腫脹

【名前の由来】
本穴は人迎の下で、喉頭隆起の両脇にあり、物を飲み込むときに、大きく上に向かって動く様子が、気の上衝つまり「突」の状態にたとえられる。



ページ先頭へ

 
st11.png

ST11.jpg
【ツボの位置】
人迎の直下、小鎖骨上窩の中央、前正中線の外約1寸5分に取る。

【ツボの主治・効能】
咽喉腫脹、頚部痛、ゲップ、寝違え、気管支炎、気管支喘息

【名前の由来】
「舎」とは部位の意味で、本穴が気管の近くにあり、気の出入りする部位であることから名づけられた。



ページ先頭へ

 
st12.png

ST12.jpg
【ツボの位置】
乳頭線(正中線の外4寸)上、大鎖骨上窩の鎖骨上縁に取る。

【ツボの主治・効能】
咳嗽、喘息、胸部苦満、咽喉腫脹、頚腕障害、胸郭出口症候群、缺盆痛

【名前の由来】
「缺盆」とは「欠けた茶碗」の意味。鎖骨上窩がその形に似ていることから名づけられた。



ページ先頭へ

 
st13.png

ST13.jpg
【ツボの位置】
乳頭線(正中線の外4寸)上、鎖骨下縁に取る。

【ツボの主治・効能】
咳嗽、喘息、胸部苦満などの呼吸器疾患、肋間神経痛

【名前の由来】
口や鼻は気の門戸である。本穴は気分証の疾患を治療し、補瀉どちらも可能で、開けば気を巡らせ、蓋をすれば気を蔵すことができることに由来する。



ページ先頭へ

 
st14.png

ST14.jpg
【ツボの位置】
乳頭線(正中線の外4寸)上、第1肋間に取る。

【ツボの主治・効能】
咳嗽、喘息、胸部苦満などの呼吸器疾患、肋間神経痛

【名前の由来】
「庫」は倉庫の意味。本穴は肺疾患に使われることが多く、気戸から入った気を深部の肺に貯蔵する様をたとえている。




ページ先頭へ

 
st15.png

ST15.jpg
【ツボの位置】
乳頭線(正中線の外4寸)上、第2肋間に取る。

【ツボの主治・効能】
咳嗽、喘息、胸部苦満などの呼吸器疾患、胸膜炎、肋間神経痛

【名前の由来】
「屋」は蓋、「翳」は羽でできた大きな扇子の意味である。本穴は庫房の下、膺窓の上にあり、ちょうど屋根のひさしのような状態であることから名づけられた。




ページ先頭へ

 
st16.png

ST16.jpg
【ツボの位置】
乳頭線(正中線の外4寸)上、第3肋間に取る。

【ツボの主治・効能】
咳嗽、喘息、胸部苦満などの呼吸器疾患、胸膜炎、肋間神経痛

【名前の由来】
大胸筋の部位を「膺」ということに由来する。


ページ先頭へ

 
st17.png

ST17.jpg
【ツボの位置】
乳頭線(正中線の外4寸)上、第4肋間に取る。

【ツボの主治・効能】
~この穴位は禁鍼禁灸~
取穴の基準と標識

【名前の由来】
「乳」は乳房のことで、乳頭の中央にあるから。



ページ先頭へ

 
st18.png

ST18.jpg
【ツボの位置】
乳頭線(正中線の外4寸)上、第5肋間に取る。

【ツボの主治・効能】
咳嗽、喘息、胸部苦満などの呼吸器疾患、乳腺炎、催乳作用、心胸痛、肋間神経痛

【名前の由来】
「根」は根っこ、底の意味。乳房の下縁にあることから名づけられた。



ページ先頭へ

 
st19.png

ST19.jpg
【ツボの位置】
前正中線の外2寸、天枢の上6寸に取る。(天枢;前正中線上、臍(へそ)の外足2寸に取る。)

【ツボの主治・効能】
食欲不振、嘔吐、吐き気、腹脹、腹痛などの消化器系の症状、心下痛、胸背肋痛

【名前の由来】
胃の噴門にあり、これ以上飲食を受け入れることができないということを示している。


ページ先頭へ

 
st20.png

ST20.jpg
【ツボの位置】
前正中線の外2寸、天枢の上5寸に取る。(天枢; #25 前正中線上、臍(へそ)の外足2寸に取る。)

【ツボの主治・効能】
腹脹、腹痛、嘔吐、吐き気、食欲不振などの消化器系の症状、胸脇苦満

【名前の由来】
「承」は受納、「満」は充満の意味。本穴は不容の下にあり、水穀の量が満たされてることを示している。


ページ先頭へ

 
st21.png

ST21.jpg
【ツボの位置】
前正中線の外2寸、天枢の上4寸に取る。(天枢;前正中線上、臍(へそ)の外足2寸に取る。)

【ツボの主治・効能】
腹脹、腹痛、腸鳴、下痢、便秘、嘔吐、吐き気、食欲不振などの消化器系の症状

【名前の由来】
心下痞満を「伏梁」という。胃のつかえ、消化不良、胃の脹満に効くことから名づけられた。


ページ先頭へ


 
st22.png

ST22.jpg
【ツボの位置】
前正中線の外2寸、天枢の上3寸に取る。(天枢; #25 前正中線上、臍(へそ)の外足2寸に取る。)

【ツボの主治・効能】
腹脹、腹痛、腸鳴、下痢、便秘などの消化器系の症状、水腫、遺尿

【名前の由来】
本穴は胃気の出入り口で交通の関所であることに由来する。



ページ先頭へ

 
st23.png

ST23.jpg
【ツボの位置】
前正中線の外2寸、天枢の上2寸に取る。(天枢;前正中線上、臍(へそ)の外足2寸に取る。)

【ツボの主治・効能】
腹脹、腹痛、腸鳴、下痢、便秘などの消化器系の症状、水腫、遺尿

【名前の由来】
「太」は大きい、「乙」は一の意味で、きわめて重要であることを示している。また太乙は北極星の意味もある。北極星は不動で北斗七星がその外側を回っている。後天の脾胃が、先天の気を滋養していると考えられていることから名づけられた。



ページ先頭へ

 
st24.png

ST24.jpg
【ツボの位置】
前正中線の外2寸、天枢の上1寸に取る。(天枢; #25 前正中線上、臍(へそ)の外足2寸に取る。)

【ツボの主治・効能】
腹脹、腹痛、腸鳴、下痢、便秘などの消化器系の症状、水腫、遺尿

【名前の由来】
「滑」はなめらか、「肉」は肌肉の意味。本穴は脾胃の気を通す門戸である。舌は滑利の肉と呼ばれ、本穴は舌の動きを滑らかに動かすことから名づけられた。


ページ先頭へ



 
st25.png

ST25.jpg
【ツボの位置】
前正中線上、臍(へそ)の外側2寸に取る。

【ツボの主治・効能】
下痢、腹脹、腹痛、腸鳴、便秘などの消化器系の症状、生理不順・生理痛、慢性虫垂炎

【名前の由来】
「天」は上部、「枢」は枢軸、要所を指す。古代の占星術では北斗七星の第一星を天枢とし、天にある星々をとりまとめる運行律を信じていた。古代の医家たちは臍を境に上下に分けて、上部を天、下部を地に対応させていた。本穴は臍のそばにあり、天と地の境の要所にあることに由来する。



ページ先頭へ


 
st26.png

ST26.jpg
【ツボの位置】
前正中線の外2寸、天枢の下1寸に取る。(天枢;前正中線上、臍(へそ)の外足2寸に取る。)

【ツボの主治・効能】
腹脹、腹痛、腸鳴、便秘などの消化器系の症状、生理不順・生理痛、尿管結石

【名前の由来】
「外」は傍、「陵」は突起した所という意味である。体に力を入れると腹部に気が集まり、外側にある腹筋が盛り上がる。その形が「陵」に似ていることから名づけられた。



ページ先頭へ

 
st27.png

ST27.jpg
【ツボの位置】
前正中線の外2寸、天枢の下2寸に取る。(天枢;前正中線上、臍(へそ)の外足2寸に取る。)

【ツボの主治・効能】
下腹脹痛、腸鳴、生理不順・生理痛、小便不利、尿管結石、生殖器系疾患、水腫

【名前の由来】
「巨」は大きいの意味。腹部の一番高く盛り上がった所にあることから名づけられた。本穴は内では小腸、膀胱に通じ、手太陽、足太陽に属する。この二つは巨陽と呼ばれ、太と大の意が通じている。



ページ先頭へ

 
st28.png

ST28.jpg
【ツボの位置】
前正中線の外2寸、天枢の下3寸に取る。(天枢;前正中線上、臍(へそ)の外足2寸に取る。)

【ツボの主治・効能】
下腹脹痛、腸鳴、生理不順・生理痛、小便不利、尿管結石、生殖器系疾患、水腫

【名前の由来】
「道」は道路を意味する。本穴は膀胱の上部にあり、治水をする役目があることから名づけられた。



ページ先頭へ


 
st29.png

ST29.jpg
【ツボの位置】
前正中線の外2寸、天枢の下4寸に取る。(天枢;前正中線上、臍(へそ)の外足2寸に取る。)

【ツボの主治・効能】
下腹脹痛、腸鳴、生理不順・生理痛、小便不利、尿管結石、生殖器系疾患、不妊症

【名前の由来】
本穴は婦人の生理不順、不妊症に効き、夫の帰り来たりを待ち子宝に恵まれることを示唆している。


ページ先頭へ

 
st30.png

ST30.jpg
【ツボの位置】
前正中線の外2寸、天枢の下5寸に取る。(天枢;前正中線上、臍(へそ)の外足2寸に取る。)

【ツボの主治・効能】
下腹脹痛、腸鳴、生理不順・生理痛、小便不利、尿管結石、生殖器系疾患、不妊症

【名前の由来】
「衝」の字をつける経穴は動脈拍動部にあることが多い。


ページ先頭へ


 
st31.png

ST31.jpg
【ツボの位置】
上前腸骨棘の直下、縫工筋と大腿筋膜張筋の間の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
股関節障害、大腿痛、片麻痺、膝関節及びその周囲軟部組織の知覚・運動障害

【名前の由来】
古代、「髀」は大腿骨上部を指し、関とは関節を意味する。


ページ先頭へ

 
st32.png

ST32.jpg
【ツボの位置】
髀関と犢鼻の間で、膝蓋骨外側上縁から髀関に向かい上6寸に取る。(髀関;上前腸骨棘の直下、縫工筋と大腿筋膜張筋の間の陥凹部に取る。 犢鼻;膝蓋骨下縁と脛骨上縁の中央で、膝蓋靭帯外側の陥凹部に取る。)

【ツボの主治・効能】
大腿痛、片麻痺、膝関節及びその周囲軟部組織の知覚・運動障害

【名前の由来】
大腿四頭筋が緊張すると、伏せている兎のようにみえることから名づけられた。




ページ先頭へ

 
st33.png

ST33.jpg
【ツボの位置】
髀関と犢鼻の間で、膝蓋骨外側上縁から髀関に向かい上3寸に取る。(髀関;上前腸骨棘の直下、縫工筋と大腿筋膜張筋の間の陥凹部に取る。 犢鼻;膝蓋骨下縁と脛骨上縁の中央で、膝蓋靭帯外側の陥凹部に取る。)

【ツボの主治・効能】
大腿痛、片麻痺、膝関節及びその周囲軟部組織の知覚・運動障害

【名前の由来】
「市」は集まる所を指す。寒疝、膝のひどい冷えなど下半身の冷えの症状(陰証)を主治することに由来する。





ページ先頭へ

 
st34.png

ST34.jpg
【ツボの位置】
髀関と犢鼻の間で、膝蓋骨外側上縁から髀関に向かい上2寸に取る。(髀関;上前腸骨棘の直下、縫工筋と大腿筋膜張筋の間の陥凹部に取る。 犢鼻;膝蓋骨下縁と脛骨上縁の中央で、膝蓋靭帯外側の陥凹部に取る。)

【ツボの主治・効能】
大腿痛、片麻痺、膝関節及びその周囲軟部組織の知覚・運動障害、急性胃炎、腹痛

【名前の由来】
小さな山、土地の高いところを「丘」、その背を「梁」という。膝蓋骨とその付近の筋肉ができる隆起をそれにたとえた。




ページ先頭へ

 
st35.png

ST35.jpg
【ツボの位置】
膝蓋骨下縁と脛骨上縁の中央で、膝蓋靭帯外側の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
膝関節及びその周囲軟部組織の知覚・運動障害

【名前の由来】
子牛を「犢」という。この部位は子牛の鼻のように見えることから名づけられた。



ページ先頭へ

 
st36.png

ST36.jpg
【ツボの位置】
脛骨上縁から下3寸、脛骨前縁と腓骨頭の間の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
消化器系の諸疾患、婦人病、高血圧、慢性疲労、坐骨神経痛、片麻痺、膝・下腿障害

【名前の由来】
一里は一寸で、犢鼻の下3寸であることに由来する。




ページ先頭へ

 
st37.png

ST37.jpg
【ツボの位置】
足三里から解谿に向かい下3寸、脛骨前縁と腓骨の間に取る。( 足三里;脛骨上縁から下3寸、脛骨前縁と腓骨頭の間の陥凹部に取る。解谿;足関節前面中央、足の長母指伸筋腱と長指伸筋腱の間に取る。)

【ツボの主治・効能】
下痢、腹脹、腹痛、腸鳴、便秘などの消火器系の症状、胆嚢結石痛、慢性虫垂炎

【名前の由来】
「巨」は大きい、「虚」は隙間の意味。脛骨と腓骨の間にできる隙間の上方にあることから名づけられた。脛骨と腓骨の間の大きな隙間を強調している。





ページ先頭へ

 
st38.png

ST38.jpg
【ツボの位置】
足三里から解谿に向かい下5寸、脛骨前縁と腓骨の間に取る。( 足三里;脛骨上縁から下3寸、脛骨前縁と腓骨頭の間の陥凹部に取る。解谿;足関節前面中央、足の長母指伸筋腱と長指伸筋腱の間に取る。)

【ツボの主治・効能】
下腿の知覚・運動障害、膝関節障害、腹脹、腹痛、腸鳴、片麻痺、慢性虫垂炎

【名前の由来】
「条」は狭く長いことを意味する。本穴を取穴するとき、患者を椅子に座らせ、踵を地につけ足関節を背屈させると、盛り上がった筋肉の際に、細長い1本の筋が口の形に現れるのが名の由来。




ページ先頭へ

 
st39.png

ST39.jpg
【ツボの位置】
足三里から解谿に向かい下6寸、脛骨前縁と腓骨の間に取る。( 足三里;脛骨上縁から下3寸、脛骨前縁と腓骨頭の間の陥凹部に取る。解谿;足関節前面中央、足の長母指伸筋腱と長指伸筋腱の間に取る。)

【ツボの主治・効能】
下腿の知覚・運動障害、膝関節障害、片麻痺、腹脹、腹痛、腸鳴、下痢、慢性虫垂炎

【名前の由来】
「巨」は大きい、「虚」は隙間の意味。脛骨と腓骨の間にできる隙間の下方にあることから名づけられた。




ページ先頭へ

 
st40.png

ST40.jpg
【ツボの位置】
足三里から解谿に向かい下5寸、脛骨前縁と腓骨の間から外方1寸へだてた陥凹部
に取る。( 足三里;脛骨上縁から下3寸、脛骨前縁と腓骨頭の間の陥凹部に取る。解谿;足関節前面中央、足の長母指伸筋腱と長指伸筋腱の間に取る。)

【ツボの主治・効能】
下腿の知覚・運動障害、膝関節障害、片麻痺、腹脹、腹痛、腸鳴、下痢、頭痛、高血圧

【名前の由来】
「隆」は盛んという意味。本穴は肌肉が豊かで盛り上がっている所にあることから名づけられた。



ページ先頭へ

 
st41.png

ST41.jpg
【ツボの位置】
足関節前面中央、足の長母指伸筋腱と長指伸筋腱の間に取る。

【ツボの主治・効能】
下腿の知覚・運動障害、片麻痺、足関節障害、頭痛、めまい、腹脹、腹痛、腸鳴、下痢

【名前の由来】
「解」とは関節の意味。浅い筋健のくぼみや浅在血管がある部位に「谿」の字を使うことが多い。




ページ先頭へ

 
st42.png

ST42.jpg
【ツボの位置】
足背上、第2,3中足骨底間の前で、足背動脈拍動部に取る。

【ツボの主治・効能】
足軟無力、足関節障害、顔面神経麻痺、片麻痺、レイノー症、歯痛

【名前の由来】
足背動脈にあることから、陽気の拍動を示している。



ページ先頭へ


 
st43.png

ST43.jpg
【ツボの位置】
足背上、第2中足指節関節の後、外側陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
足軟無力、足関節障害、片麻痺、レイノー症、歯痛、急・慢性胃炎

【名前の由来】
へこみを「陥」、山間の谷を「谷」という。本穴は足背部で、距骨の隙間にあり、腱と腱にはさまれた陥凹が谷に似ていることから名づけられた。




ページ先頭へ


 
st44.png

ST44.jpg
【ツボの位置】
足背上、第2中足指節関節の前、外側陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
足軟無力、足関節障害、趾関節障害、片麻痺、レイノー症、歯痛、急・慢性胃炎

【名前の由来】
深部を「内」といい、居住地を「庭」という。本穴付近より遠く離れた頭部、心、腹部などの疾患を治し、表より内、裏にあることに由来する。




ページ先頭へ


 
st45.png

ST45.jpg
【ツボの位置】
足の第2指爪甲根部の外側、その角を去ること1分に取る。

【ツボの主治・効能】
足軟無力、足関節障害、趾関節障害、片麻痺、レイノー症、歯痛、急・慢性胃炎

【名前の由来】
易学で「厲」は土、「兌」は口を指す。足陽明の脈は、口を挟み、唇をめぐる。本穴は口噤、口が歪むなどが主治で、胃の門戸の意味から名づけられた。




ページ先頭へ