西宮・甲子園の隠れ家診療所
AIMY鍼灸整骨院 10th Anniversary
〒663-8103 兵庫県西宮市熊野町1-5ファイブビル2F
『東北に笑顔を』 そして 被災された すべての皆様に『笑顔を』

lrTOP.png

足の厥陰肝経は、体内では肝の臓に属し、胆の腑に絡む。体表では、足背内側、下肢内側の真ん中、腹部の側面を走り、肋骨弓のあたりに至る。その流注により、肝経の経穴は足背、下肢の知覚・運動障害及び生殖器系、婦人科の疾患の治療に用いられる。

原穴   LR3 太衝




郄穴   LR6 中都




絡穴   LR5 蠡溝




募穴   LR14 期間




兪穴   BL18 肝兪(膀胱経)



八会穴  LR13 章門(臓会)

 
lr1.png

LR1 大敦.jpg
【ツボの位置】
足の第1指爪甲根部外側、その角を去ること1分に取る。

【ツボの主治・効能】
疝気、遺尿、婦人病(生理不順、生理痛、子宮脱出等)

【名前の由来】
「敦」とは大きい、ぶ厚いことを指す。足の母子の形をそれにたとえる。

ページ先頭へ

 
lr2.png

LR2 行間.jpg
【ツボの位置】
足の第1指中足指節関節の前、外側陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
頭痛、めまい、目赤、胸脇苦満、小便不利、尿路痛、婦人病、片麻痺

【名前の由来】
足の母子と示指の間にあることから名づけられた。

ページ先頭へ

 
lr3.png
LR3 太衝.jpg
【ツボの位置】
足背の第1、第2中足骨底間の前の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
頭痛、のぼせ、めまい、不眠症、胸脇苦満、生理不順、生理痛、足背痛、片麻痺

【名前の由来】
古代、足背動脈を太衝動脈という。気血が盛んで「太く衝動する」ことを示している。

ページ先頭へ

 
lr4.png

LR4 中封.jpg
【ツボの位置】
内果前1寸、前脛骨筋腱の内側下際の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
内果腫痛、足関節障害、泌尿・生殖器系の障害、婦人病、神経衰弱、腹痛

【名前の由来】
「中」は中心、真中、「封」は封鎖される、閉じ込められるなどを意味する。本穴は長母指伸筋と前脛骨筋とに挟まれた陥凹の真中にあるので、中封と名づけられた。

ページ先頭へ

 
lr5.png

LR5 蠡溝.jpg
【ツボの位置】
内果上5寸、脛骨内側面上に取る。

【ツボの主治・効能】
婦人病、泌尿・生殖器系の障害、下腿内側の知覚・運動障害

【名前の由来】
「蠡溝」とは虫が木を食って残した細長い溝を指す。脛骨を木にたとえ、触るとそのような感じが得られることより名づけられた。

ページ先頭へ

 
lr6.png

LR6 中都.jpg
【ツボの位置】
内果上7寸、脛骨内側面に取る。

【ツボの主治・効能】
婦人病、泌尿・生殖器系の障害、下腿内側の知覚・運動障害

【名前の由来】
「都」は、集まるの意味。本穴は足の厥陰の郄穴に属し、本経の気血がめぐり本穴に集まる。また下腿内側中央にあるので中都と名づけられた。

ページ先頭へ

 
lr7.png

LR7 膝関.jpg
【ツボの位置】
曲泉の直下で、陰陵泉の後1寸に取る。(曲腺;膝窩横紋の内側端、陰谷の内側の陥凹部に取る。陰陵線;脛骨内側顆の下縁と脛骨内側縁との
接点の直後に取る。)

【ツボの主治・効能】
膝関節内側の知覚・運動障害、下腿軟弱無力

【名前の由来】
膝の関節部にあることから名づけられた。

ページ先頭へ

 
lr8.png

LR8 曲泉.jpg
【ツボの位置】
膝窩横紋の内側端、陰谷の内側の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
婦人病、泌尿・生殖器系の障害、盗汗、腹痛、膝関節・下腿内側の知覚・運動障害

【ツボの主治・効能】
水合穴で、気血はここで泉のように集まることに由来する。

ページ先頭へ

 
lr9.png

LR9 陰包.jpg
【ツボの位置】
曲泉と足五里を結ぶ線上で、大腿内側上顆の上4寸に取る。

【ツボの主治・効能】
婦人病、泌尿・生殖器系の障害

【名前の由来】
大腿部の内側を「陰」といい、包容、包蔵することを「包」という。陰包とは足の厥陰の経気が両太股の内側に深く潜行することから名づけられた。

ページ先頭へ

 
lr10.png

LR10 足五里.jpg
【ツボの位置】
気衝の外下方3寸、大動脈拍動部に取る。(気衝;前正中線「曲骨」の外2寸、臍の下5寸に取る。)

【ツボの主治・効能】
婦人病、泌尿・生殖器系の障害、下腹痛

【名前の由来】
「里」は村、居住地を意味する。本穴は足の太陰の箕門の上5寸にあるので、五里と呼ばれている。

ページ先頭へ

 
lr11.png

LR11 陰廉.jpg
【ツボの位置】
気衝の外下方2寸、大動脈拍動部に取る。(気衝;前正中線「曲骨」の外2寸、臍の下5寸に取る。)

【ツボの主治・効能】
婦人病、泌尿・生殖器系の障害、下腹痛

【名前の由来】
大腿部の内側を「陰」、辺縁を「廉」という。本穴は足の厥陰に属し股関節の内側にあるので、陰廉と名づけられた。

ページ先頭へ

 
lr12.png

LR12 急脈.jpg
【ツボの位置】
曲骨の外2寸5分に取る。

【ツボの主治・効能】
下腹痛、疝気、婦人病、泌尿・生殖器系の障害

【名前の由来】
「急」は素早く、急速の意で、脈の拍動が急速なことを意味する。本穴は鼠径溝の動脈拍動部にあり、その脈の強さが急脈の名の由来である。

ページ先頭へ

 
lr13.png

LR13 章門.jpg
【ツボの位置】
第11肋骨前端の下際に取る。

【ツボの主治・効能】
腹痛、腹脹、脹鳴、下痢、胸脇苦満

【名前の由来】
1曲は終了することを「一章」という。十二経脈の流注はここに来て終盤に入ることを示している。

ページ先頭へ

 
lr14.png

LR14 期門.jpg
【ツボの位置】
第9肋軟骨付着部の下際に取る。

【ツボの主治・効能】
胸脇苦満、腹痛、腹脹、脹鳴、下痢

【名前の由来】
「期」とは周期のことを意味する。十二経脈361系穴の気穴流注がここで終わり、新たに始まることを示す。

ページ先頭へ