西宮・甲子園の隠れ家診療所
AIMY鍼灸整骨院 10th Anniversary
〒663-8103 兵庫県西宮市熊野町1-5ファイブビル2F
『東北に笑顔を』 そして 被災された すべての皆様に『笑顔を』

TE TOP.png

手の少陽三焦経( Triple Energizer Meridien;TE )は、体内では三焦の臓に属し心包の腑に絡む。体表では、薬指、上肢後面の中央を走り、肩・頚部・側頭部を経て顔面の外眼角に至る。その流注により少陽三焦経の経穴は、顔面、耳、目の疾患、肩関節、上肢伸筋の知覚・運動障害の治療に用いられる。

古典では「少陽」は半表半裏を主る」という説があり、手足の少陽経の経穴は側頭部、体幹側部の症状によく用いる。

原穴   TE4 陽池

郄穴   TE7 会宗

絡穴   TE5 外関

募穴   石門(任脈)

兪穴   BL22 三焦兪(膀胱経)

 
te1.png

TE1 関衝.jpg
【ツボの位置】
薬指爪甲根部の尺側、その角を去ること1分に取る
【ツボの主治・効能】
尺骨神経麻痺、偏頭痛、耳鳴、目赤、咽喉炎、発熱、熱中症、失神

【名前の由来】
「関」は関所、「衝」は要衝を意味する。本穴は経気が盛んな所であることを示している。








ページ先頭へ

 
te2.png

TE2 液門.jpg
【ツボの位置】
薬指爪甲根部の尺側、その角を去ること1分に取る

【ツボの主治・効能】
尺骨神経麻痺、偏頭痛、耳鳴、目赤、咽喉炎、発熱、熱中症、失神

【名前の由来】
「関」は関所、「衝」は要衝を意味する。本穴は経気が盛んな所であることを示している。









ページ先頭へ

 
te3.png

TE3 中渚.jpg
【ツボの位置】
手背、第4、第5中手指節関節の上に取る。

【ツボの主治・効能】
手指手背腫痛・麻痺、耳鳴、目赤、咽喉炎、扁桃体炎

【名前の由来】
三焦は水液代謝の通路であり、「液」「渚」「溝」「瀆」などの水流の通路をイメージしている字を使うことが多い。「渚」は水に浮かぶ小さな島や中州を指す。






ページ先頭へ

 
te4.png

TE4 陽池.jpg
【ツボの位置】
手関節背面横紋の中央、総指伸筋健と小指伸筋腱との間の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
目の疾患、耳鳴、手関節障害、頚腕障害

【名前の由来】
手関節背部は陽に属し、それを背屈させ中央にできる陥凹部が池に例えた。








ページ先頭へ

 
te5.png

TE5 外関.jpg
【ツボの位置】
陽池の上2寸、橈骨と尺骨の間に取る。
陽池;手関節背面横紋の中央、総指伸筋健と小指伸筋腱との間の陥凹部に取る。)

【ツボの主治・効能】
手関節障害、頚腕障害、頭痛、目赤、耳鳴

【名前の由来】
絡穴で内関に対し背側面にあり、名づけられた。







ページ先頭へ

 
te6.png

TE6 支溝.jpg
【ツボの位置】
陽池の上3寸、橈骨と尺骨の間に取る。
陽池;手関節背面横紋の中央、総指伸筋健と小指伸筋腱との間の陥凹部に取る。)

【ツボの主治・効能】
耳鳴、構音障害、胸痛苦満、前腕伸筋の知覚・運動障害、便秘、発熱

【名前の由来】
「支」は肢に通じ、狭いところを「溝」という意味である。本穴は上肢前腕の骨と筋に挟まれた所にあることに由来する。



ページ先頭へ

 
te7.png

TE7 会宗.jpg
【ツボの位置】
陽池の上3寸、橈骨と尺骨の間で、支溝の尺側(尺骨の橈側縁)に取る。
陽池;手関節背面横紋の中央、総指伸筋健と小指伸筋腱との間の陥凹部に取る。支溝;陽池の上3寸、橈骨と尺骨の間に取る。)

【ツボの主治・効能】
耳鳴、前腕伸筋の知覚・運動障害

【名前の由来】
「会」は会する、会合などの意味である。「宗」は集まること。本穴は郄穴で経気が宗会する(集まる)所なので会宗と呼ばれている。


ページ先頭へ

 
te8.png

TE8 三陽絡.jpg
【ツボの位置】
陽池の上4寸、橈骨と尺骨の間に取る。
陽池;手関節背面横紋の中央、総指伸筋健と小指伸筋腱との間の陥凹部に取る。)

【ツボの主治・効能】
耳鳴、歯痛、構音障害、前腕伸筋の知覚・運動障害、便秘、発熱
手の三陽経がここで合流することから名づけられた。

【名前の由来】
三陽とは手の三陽経を指す。「絡」は本穴で三陽経が交会することから名づけられた。



ページ先頭へ

 
te9.png

TE9 四犢.jpg
【ツボの位置】
天井の下5寸、橈骨と尺骨の間に取る。
天井;肘頭上縁の陥凹部に取る。)

【ツボの主治・効能】
耳鳴、歯痛、構音障害、前腕伸筋の知覚・運動障害、便秘、発熱

【名前の由来】
「瀆」は水路を意味する。昔は、江(長江戸)、河(黄河)、淮(淮河)、済(済水)を四瀆と呼んだ。三焦は決瀆の官で水道を主ることに由来する。

ページ先頭へ

 
te10.png

TE10 天井.jpg
【ツボの位置】
肘頭上縁の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
偏頭痛、耳鳴、胸部苦満、肘関節障害、上肢痛

【名前の由来】
「井」とは井戸、「天」は上の意味。ここでは肘頭窩を上から臨むことを井戸に例えた。







ページ先頭へ

 
te11.png

TE11 清冷淵.jpg
【ツボの位置】
天井の直上1寸に取る。
天井;肘頭上縁の陥凹部に取る。)

【ツボの主治・効能】
偏頭痛、上腕痛

【名前の由来】
「清冷」とは寒いという意味で、「淵」とは深い、くぼみを指す。寒症に効くので名づけられた。







ページ先頭へ

 
te12.png

※↑消濼の「濼」の文字が表示されないため、表示が「消礫」になっております。「消濼(しょうれき)」が正しい表記になります。

TE12 消礫.jpg
【ツボの位置】
清冷淵と臑会の中央に取る。
清冷淵;肘頭上縁の陥凹部の直上1寸に取る。)

【ツボの主治・効能】
頭痛、項強、上腕痛、肩背痛

【名前の由来】
「消」とは散る、「濼」とは水溜りを指す。三焦経の流注は「井」「淵」を経てここにきて浅くなることに由来する。





ページ先頭へ

 
te13.png

TE13 臑会.jpg
【ツボの位置】
肩髎から天井に向かい下3寸、三角筋後下縁に取る。
肩髎;肩峰外端、肩峰と上腕骨頭との間の陥凹部の後下際に取る。
天井;肘頭上縁の陥凹部に取る。)

【ツボの主治・効能】
頭痛、項強、上腕痛、肩背痛

【名前の由来】
「臑」は上腕のことを指す。「会」は本穴が手の少陽と陽維脈の交会穴であることから名づけられた。

ページ先頭へ

 
te14.png

※↑肩髎の「髎」の文字が表示されないため、表示が「肩摎」になっております。「肩髎(けんりょう) 」が正しい表記になります。

TE14 肩摎.jpg
【ツボの位置】
肩髃の後、肩峰外端の後下際に取る。
肩髃;肩関節の前方、肩峰と上腕骨頭との間の陥凹部に取る)

【ツボの主治・効能】
肩関節及び周囲軟部組織障害、五十肩、片麻痺、頚部リンパ節腫脹

【名前の由来】
骨の隙間のことを「髎」という。本穴は肩関節の骨と骨の間に位置することに由来する。




ページ先頭へ

 
te15.png

※↑天髎の「髎」の文字が表示されないため、表示が「天摎」になっております。「天髎(てんりょう) 」が正しい表記になります。
TE15 天摎.jpg
【ツボの位置】
肩甲骨上角外上方、曲垣と肩井の間に取る。
曲垣;肩甲棘内側上際で棘上窩に取る。肩井;大椎と肩峰を結ぶ線の中央で乳頭線上に取る。)

【ツボの主治・効能】
肩こり、肩背痛、項強

【名前の由来】
骨の隙間のことを「髎」という。「天」は上を意味する。肩甲骨上角の隙間に位置することに由来する。

ページ先頭へ

 
te16.png

※↑天牖の「牖」の文字が表示されないため、表示が「天庸」になっております。「天牖(てんゆう)」が正しい表記になります。

TE16 天祐.jpg
【ツボの位置】
乳様突起の後下方、胸鎖乳突筋後縁に取る。

【ツボの主治・効能】
肩こり、肩関節及び周囲軟部組織障害

【名前の由来】
「牖」とは窓口を意味する。頭竅「五官」疾患に治療できることから由来する。



ページ先頭へ

 
te17.png

TE17 翳風.jpg
【ツボの位置】
耳垂の後方、乳様突起と下顎枝の間の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
顔面神経麻痺、聴覚神経障害、顎関節障害、歯痛、寝違え、項強、片麻痺

【名前の由来】
「翳」とは羽扇子のこと。耳をそれに例えている。風邪の進入を防ぐと共に耳疾患を治療する要穴であるので名づけられた。

ページ先頭へ

 
te18.png

※↑瘈脈の「瘈」の文字が表示されないため、表示が「痙脈」になっております。「瘈脈(けいみゃく)」が正しい表記になります。

TE18 痙脈.jpg
【ツボの位置】
角孫と翳風を三等分し、下1/3の乳様突起前の陥凹部に取る。
角孫;耳郭を前に折り、その上角にあたるところで、耳輪の直上髪際に取る。翳風:耳垂の後方、乳様突起と下顎枝の間の陥凹部に取る。)

【ツボの主治・効能】
偏頭痛、耳鳴

【名前の由来】
「瘈」とは鶏の足を意味する。耳後の血流がそれに似ていることに由来する。

ページ先頭へ

 
te19.png

TE19 盧息.jpg
【ツボの位置】
角孫と翳風を三等分し、上1/3の陥凹部に取る。
角孫;耳郭を前に折り、その上角にあたるところで、耳輪の直上髪際に取る。翳風:垂の後方、乳様突起と下顎枝の間の陥凹部に取る。)


【ツボの主治・効能】
偏頭痛、耳鳴

【名前の由来】
「顱」とは頭を指す。「息」とは喘息を意味する。頭痛・発熱・喘息に効くので名づけられた。

ページ先頭へ

 
te20.png

TE20 角孫.jpg
【ツボの位置】
耳郭を前に折り、その上角にあたるところで、耳輪の直上髪際に取る。

【ツボの主治・効能】
偏頭痛、耳鳴、目の疾患、歯痛

【名前の由来】
「角」とは耳上角を指し、「孫」とは小血管「孫絡」の意味である。

ページ先頭へ

 
te21.png

TE21 耳門.jpg
【ツボの位置】
耳珠の前上方に取る。

【ツボの主治・効能】
耳鳴、歯痛

【名前の由来】
耳の前にあることから名づけられた。

ページ先頭へ

 
te22.png
※↑和髎の「髎」の文字が表示されないため、表示が「和摎」になっております。「和髎(わりょう) 」が正しい表記になります。
TE22 和摎.jpg
【ツボの位置】
頬骨弓後端の上際、浅側動脈拍動部に取る。

【ツボの主治・効能】
耳鳴、偏頭痛、歯痛

【名前の由来】
「和」とは調和する意味で、聴力を調和することを指す。

ページ先頭へ

 
te23.png

TE23 絲竹空.jpg【ツボの位置】
眉毛外端の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
目の疾患、偏頭痛、歯痛

【名前の由来】
「絲竹」とは眉毛を細い竹に例えている。

ページ先頭へ