西宮・甲子園の隠れ家診療所
AIMY鍼灸整骨院 10th Anniversary
〒663-8103 兵庫県西宮市熊野町1-5ファイブビル2F
『東北に笑顔を』 そして 被災された すべての皆様に『笑顔を』

ht-TOP.png

手の少陰心経(Heart Meridian;HT)は、体内では心の蔵に属し小腸の腑に絡む。体表では、腋窩、上肢前面の尺側を走り、小指の橈側に至る。その流注により、心経の経穴は心臓・循環器系、脳の精神意識の障害、上肢前面尺側の知覚・運動障害の治療に用いられる。

原穴   HT7 神門

郄穴   HT6 陰郄

絡穴   HT5 通里

募穴   巨闕(任脈)

兪穴   心兪(膀胱経)

 
ht1.png

HT1 極泉-1.jpg
【ツボの位置】
腋窩の中央、動脈拍動部に取る。

【ツボの主治・効能】
頚腕神経障害、心胸痛、動悸、うつ症、頚・腋窩リンパ節腫脹、腋臭

【名前の由来】
頂点を「極」といい、「泉」とは気血が始まる意味である。心は君主の官で顆、五臓六腑を統括する。そして、本穴は心経の起始穴で、かつ腋窩動脈にあるところから名づけられた。

ページ先頭へ

 
ht2.png

HT2 青霊.jpg
【ツボの位置】
上腕前面の尺側、小海の上3寸に取る。
小海;肘の横紋上、上腕骨内側上顆の内側に取る。)

【ツボの主治・効能】
頚腕神経障害、肩関節障害、頭痛

【名前の由来】
心は神を蔵す、精神意志などのことを「神霊」ということから名づけられた。

ページ先頭へ

 
ht3.png

HT3 少海.jpg
【ツボの位置】
肘の横紋上、上腕骨内側上顆の内側に取る。

【ツボの主治・効能】
肘関節内側の知覚・運動障害、心胸痛、頭痛、めまい、精神病

【名前の由来】
心経の気血流注はこの水合穴で、海のように集まる。

ページ先頭へ

 
ht4.png

HT4 霊道.jpg
【ツボの位置】
前腕尺側、神門の上1寸5分、尺側手根屈筋健の橈側に取る。
神門;手関節横紋の尺側、豆状骨上際で、尺骨手根屈筋の橈側に取る。)

【ツボの主治・効能】
尺骨神経麻痺、心胸痛、動悸、不眠、不整脈、心臓疾患、構音障害、ヒステリー、精神病

【名前の由来】
心は神を蔵し、神が変化して「霊」になる。「霊」は精神、真理活動を意味しており、「道」は通路を指す。霊道は心の機能をよく表している。

ページ先頭へ

 
ht5.png

HT5 通里.jpg
【ツボの位置】
前腕尺側、神門の上1寸、尺側手根屈筋健の橈側に取る。
神門;手関節横紋の尺側、豆状骨上際で、尺骨手根屈筋の橈側に取る。)

【ツボの主治・効能】
尺骨神経麻痺、心胸痛、動悸、不眠、不整脈、心臓疾患、構音障害、ヒステリー、精神病

【名前の由来】
絡穴で、心経はここで裏まで通り、太陽経に絡むことから名づけられた。

ページ先頭へ

 
ht6.png

※↑陰郄の「郄」の文字が表示されないため、表示が「陰郤」になっております。「陰郄(いんげき)」が正しい表記になります。

HT6 陰.jpg
【ツボの位置】
前腕尺側、神門の上5分(約1.5cm)、尺側手根屈筋健の橈側に取る。
神門;手関節横紋の尺側、豆状骨上際で、尺骨手根屈筋の橈側に取る。)

【ツボの主治・効能】
心胸痛、動悸、盗汗、不整脈、心臓疾患、構音障害、ヒステリー、精神病、尺骨神経麻痺

【名前の由来】
「陰」とは前腕内側を指す。「郄」とは骨や筋のすき間である。

ページ先頭へ

 
ht7.png

HT7 神門.jpg
【ツボの位置】
手関節横紋の尺側、豆状骨上際で、尺骨手根屈筋の橈側に取る。

【ツボの主治・効能】
心痛、動悸、不眠、手掌熱、ヒステリー、精神病、構音障害

【名前の由来】
「神」は「心は神を蔵す」「心は神明を主る」などの、精神、精神意識の活動を意味し、「門」は出入り口を指す。本穴は心経の原穴で、神が出入りする重要な門であることから名づけられた。

ページ先頭へ

 
ht8.png

HT8 少府.jpg
【ツボの位置】
手掌の尺側、第4,5中手骨頭の間に取る。

【ツボの主治・効能】
手掌熱、尺骨神経障害、小指の知覚・運動障害、心痛、動悸、ヒステリー、精神病、構音障害

【名前の由来】
「少」は手の少陰心経を、「府」は集まる所を意味する。本穴は少陰心経の内府(内側)の疾患を対象にすることから名づけられた。




ページ先頭へ

 
ht9.png

HT9 少衝.jpg
【ツボの位置】
小指爪甲根部の橈側、その角を去ること1分(約3mm)に取る。

【ツボの主治・効能】
尺骨神経障害、小指の知覚・運動障害、心痛、動悸、ヒステリー、精神病、失神

【名前の由来】
本穴は井穴で、「井」は水の出る所を意味している。「衝」は突然、急という意味である。経気が小指に向かって、突然水が溢れ出る様をたとえた。

ページ先頭へ