西宮・甲子園の隠れ家診療所
AIMY鍼灸整骨院 10th Anniversary
〒663-8103 兵庫県西宮市熊野町1-5ファイブビル2F
『東北に笑顔を』 そして 被災された すべての皆様に『笑顔を』

si-top.png

手の太陽小腸経 ( Small Intestine Meridien;SI ) は、体内では小腸の腑に属し心の臓に絡む。体表では、小指、上肢後面の尺側、肩甲骨を走り、顔面の耳前に至る。その流注により、小腸経の経穴は顔面、耳や咽喉の疾患、上肢後面尺側の知覚・運動障害の治療に用いられる。

原穴   SI4 腕骨

郄穴   SI6 養老

絡穴   SI7 支正

募穴   関元(任脈)

兪穴   小腸兪(膀胱経)

 
si1.png

si1 少沢.jpg
【ツボの位置】
小指爪甲根部の尺側、その角を去ること1分(約3mm)に取る。

【ツボの主治・効能】

小指麻痺、咽喉炎、耳鳴、頭痛、発熱、失神、乳汁不足

【名前の由来】
「少」は「小」と意味が近い。「沢」は気血の出る様子を潤沢な水にたとえた。


ページ先頭へ

 
si2.png

si2 前谷.jpg
【ツボの位置】
第5中手指節関節の下、尺側陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
尺骨神経麻痺、発熱、咽喉炎、扁桃体炎、耳鳴、頭痛、乳腺炎

【名前の由来】
中手指節関節の遠位端を「前」にし、筋肉間の隙間を山間の「谷」にたとえた。



ページ先頭へ

 
si3.png

si3 後谿.jpg
【ツボの位置】
第5中手指節関節の上、尺側陥凹部、手を握ったときにできる横紋の端に取る。

【ツボの主治・効能】
頭痛、項強、肩こり、尺骨神経麻痺、目の疾患、腰痛、寝違え、精神病、盗汗

【名前の由来】
中手指節関節の近位端を「後」にし、「谷」より浅いくぼみを「谿」にたとえた。

ページ先頭へ

 
si4.png

si4 腕骨.jpg
【ツボの位置】
手背尺側第5中手骨底と三角骨の間の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
尺骨神経麻痺、手関節障害、片麻痺、頭痛、発熱

【名前の由来】
腕関節の腕骨(豆状骨)にあるので、名付けられた。




ページ先頭へ

 
si5.png

si5 陽谷.JPG
【ツボの位置】
手関節背面の尺側、尺骨茎状突起の下際の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
尺骨神経麻痺、手関節障害、咽喉炎、扁桃体炎、頭痛、耳鳴、歯痛、目赤、精神病

【名前の由来】
前腕外側の深い陥凹部にあるので名づけられた。



ページ先頭へ

 
si6.png

si6 養老.jpg

【ツボの位置】
前腕背面の尺側、前腕を回外してできる尺骨頭下際の橈側の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
頚腕障害、ギックリ腰、手関節障害、寝違え、頭痛、片麻痺

【名前の由来】
老眼、運動障害等の老化防止、健康促進の作用を持ち、老人を養う意味がある。

ページ先頭へ

 
si7.png

si7 支正.jpg

【ツボの位置】
陽谷と少海との間で、陽谷の上5寸に取る。
陽谷;手関節背面の尺側、尺骨茎状突起の下際の陥凹部に取る。少海;上腕内側上顆と肘頭の間で、尺側神経溝に取る。)

【ツボの主治・効能】
尺骨神経障害、肘関節障害、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴、精神病、発熱

【名前の由来】
「支」は分枝の意味で絡脈を指す。経脈を「正経」といい、支正は絡穴で、小腸経はここより絡脈が分けられることを示している。

ページ先頭へ

 
si8.png

si8 少海.jpg

【ツボの位置】
上腕内側上顆と肘頭の間で、尺側神経溝に取る。

【ツボの主治・効能】
尺骨神経障害、肘関節障害、頭痛、めまい、耳鳴、精神病

【名前の由来】
水合穴で、小腸経の気血流注をここで川から海に合流する地点のようにたとえた。

ページ先頭へ

 
si9.png

si9 肩貞.jpg
【ツボの位置】
腋窩横紋の後端から上1寸に取る。

【ツボの主治・効能】
肩関節障害、頚腕障害、肩甲痛、片麻痺

【名前の由来】
「貞」は正確、正しいという意味である。本穴は腕を上げ下げしても、動かずに正しい位置にあることから名付けられた。









ページ先頭へ

 
si10.png

si10 臑兪.jpg
【ツボの位置】
腋窩横紋後端(肩貞)の上方、肩甲棘外端下際の陥凹部に取る。
肩貞;腋窩横紋の後端から上1寸に取る。)

【ツボの主治・効能】
肩関節障害、頚腕障害、肩甲痛、片麻痺

【名前の由来】
古代、上腕の三角筋のあたりを「臑」という。








ページ先頭へ

 
si11.png

si11 天宗.jpg
【ツボの位置】
肩甲骨の棘下窩の中央陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
肩甲痛、肩こり、肩関節障害、上肢外側の知覚・運動障害

【名前の由来】
横隔膜を境にし、その上を「天」すなわち上部を意味する。「宗」とは中心のことで、肩甲骨の棘下窩の中央にあることから名づけられた。

ページ先頭へ

 
si12.png

si12 秉風.jpg
【ツボの位置】
天宗の直上、肩甲棘上際のほぼ中央に取る。
天宗;肩甲骨の棘下窩の中央陥凹部に取る。)

【ツボの主治・効能】
肩こり、肩関節障害、肩背痛

【名前の由来】
「秉」とは「把握する・基づく」の意味で、風邪が原因である肩甲骨周辺の筋肉痛治療の要穴であることに由来する。

ページ先頭へ

 
si13.png

si13 曲垣.jpg
【ツボの位置】
肩甲棘内側の上際で棘上窩に取る。

【ツボの主治・効能】
肩こり、肩関節障害、肩背痛

【名前の由来】
「垣」は壁の意味で肩甲棘は曲がっている壁のように見えることから名づけられた。

ページ先頭へ

 
si14.png

si14 肩外兪.jpg
【ツボの位置】
第1、第2胸椎棘突起間の外3寸、肩甲骨上角の骨際に取る。

【ツボの主治・効能】
肩こり、項強、肩背痛

【名前の由来】
「肩外」とは肩甲骨の外側を指す。本穴は肩甲骨の外側上縁にあるところから名づけられた。

ページ先頭へ

 
si15.png

si15 肩中兪.jpg
【ツボの位置】
第7頚椎棘突起と第1胸椎棘突起間の外2寸に取る。

【ツボの主治・効能】
肩こり、項強、肩背痛

【名前の由来】
大椎と肩井の中間にあるので、名づけられた。

ページ先頭へ

 
si16.png

si16 天窓.jpg
【ツボの位置】
喉頭隆起の高さで、天容を通る垂線との交点に取る。
(天容;下顎角の直後、胸鎖乳突筋の前縁に取る。)

【ツボの主治・効能】
頚項強、寝違え、咽喉腫痛、嗄声、舌骨下筋群麻痺、扁桃体炎、頚部リンパ節腫脹、耳鳴

【名前の由来】
「天」は頭を、「窓」は頭部にある七竅(顔に開いている7つの穴)を指す。本穴は七竅の疾患を治し、窓を開け気の通りをよくすることから名づけられた。

ページ先頭へ

 
si17.png

si17 天容.jpg
【ツボの位置】
下顎角の直後、胸鎖乳突筋の前縁に取る。

【ツボの主治・効能】
頚項強、寝違え、咽喉腫痛、嗄声、舌骨下筋群麻痺、扁桃体炎、頚部リンパ節腫脹、耳鳴

【名前の由来】
「天」は頭部、「容」は引き入れる、受け入れるの意味。本穴は耳の下、下顎骨の後ろの頭部に位置しており、頭頚部の疾患を治すことに由来する。

ページ先頭へ

 
si18.png

si18 顎摎.jpg
【ツボの位置】
外眼角の直下、頬骨下縁の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
顔面神経麻痺、三叉神経痛、咬筋痙攣、歯痛

【名前の由来】
「顴」とは頬骨のことで、「髎」とは骨の隙間のこと。

ページ先頭へ

 
si19.png

si19 聴宮.jpg
【ツボの位置】
耳珠中央の高さで、耳珠と顎関節後縁との陥凹部に取る。 

【ツボの主治・効能】
耳の諸疾患、下顎関節障害

【名前の由来】
「宮」とは五音の首位で、耳鳴、難聴の治療の要穴であることを示した。

ページ先頭へ