西宮・甲子園の隠れ家診療所
AIMY鍼灸整骨院 10th Anniversary
〒663-8103 兵庫県西宮市熊野町1-5ファイブビル2F
『東北に笑顔を』 そして 被災された すべての皆様に『笑顔を』

GB-top.png

足の少陽胆経( Gallbladder Meridien;GB ) は、体内では胆の跗に属し肝の腑に絡む。体表では、顔面、側頭部、体幹の側面、下肢外側後縁を走り、足の第4指外側に至る。その流注により、胆経の経穴は側頭部、目、耳の疾患、胸脇部(体幹側面)下肢外側の知覚・運動障害及び胆嚢の疾患の治療に用いられる。

足の少陽経は、古典では「半表半裏を主る」といわれ、側頭部、体幹側部の症状によく用いられる。

原穴   GB40 丘墟



郄穴   GB36 外丘



絡穴   GB37 光明



募穴   GB24 日月



兪穴   BL19 胆兪(膀胱経)



八会穴  GB34 陽陵泉(筋会)


 
GB1.png

※↑瞳子髎の「髎」の文字が表示されないため、表示が「瞳子摎」になっております。「瞳子髎(どうしりょう)」が正しい表記になります。

GB1.jpg
【ツボの位置】
眼窩外側縁(外眼角の外)の5分に取る。

【ツボの主治・効能】
目の疾患、頭痛

【名前の由来】
「髎」とは骨のすきまのことで、眼窩外縁の陥凹部にあることを示した。

ページ先頭へ

 
GB2.png

GB2 聴会.jpg
【ツボの位置】
頬骨弓上縁の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
顔面神経麻痺、三叉神経麻痺、顔面痙攣、鼻炎、歯痛、頭痛

【名前の由来】
下関に対して、頬骨弓の上にあることを示している。

ページ先頭へ

 
GB3.png
GB3 上関.jpg
【ツボの位置】
頬骨弓上縁の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
顔面神経麻痺、三叉神経麻痺、顔面痙攣、鼻炎、歯痛、頭痛

【名前の由来】
下関に対して、頬骨弓の上にあることを示している。

ページ先頭へ

 
GB4.png

GB4 頷厭.jpg
【ツボの位置】
頭維と肩釐を結ぶ線上で頭維の下1寸に取る。

【ツボの主治・効能】
偏頭痛、めまい、耳鳴

【名前の由来】
「頷」とは下顎骨を指す。「厭」とは合わせるの意味である。下顎骨の運動でここの筋肉も合わせて動くことが由来である。

ページ先頭へ

 
GB5.png

GB5 懸盧.jpg
【ツボの位置】
頭維と肩釐を結ぶ線上で頭維の下2寸に取る。(頭維;側頭部の額髪際に取る。)

【ツボの主治・効能】
偏頭痛、めまい、耳鳴、目赤・腫痛

【名前の由来】
「懸」は悪いことを断ち切る、根絶させるの意が転じて開放する、治療して緩解させるという意味がある。「顱」は頭部の意で、本穴には、偏頭痛、顔面部の浮腫、めまいなどの頭部の諸症状を緩解させる効果があるので、この名前が名づけられた。

ページ先頭へ

 
GB6.png

GB6 懸厘.jpg
【ツボの位置】
頭維の下3寸、側頭髪際と前兌髪際の接点に取る。(頭維;側頭部の額髪際に取る。)

【ツボの主治・効能】
偏頭痛、めまい、耳鳴、目赤・腫痛

【名前の由来】
「釐」は長さの単位で、本穴が耳郭の外斜め上、外角は髪際に及ばない。懸釐とは頭部に懸かる頭髪の曲がり角で上下の位置関係にあり、その差は亳里の差だが、山のように隔てられているという解釈もある。懸顱同様頭部の疾患を治療するのでこの名がつけられた。

ページ先頭へ

 
GB7.png

GB7 曲賓.jpg
【ツボの位置】
角孫と和髎の中央に取る。(角孫;耳郭を前に折り、その上角にあたるところで、耳輪の直上髪際に取る。和髎;頬骨弓後端の上際、浅側動脈拍動部に取る。)


【ツボの主治・効能】
頭痛、歯痛、顎関節障害、構音障害

【名前の由来】
耳前の髪を「鬢」ということに由来する。


ページ先頭へ

 
GB8.png

GB8 率谷.jpg
【ツボの位置】
角孫の上1寸5分に取る。(角孫;耳郭を前に折り、その上角にあたるところで、耳輪の直上髪際に取る。)

【ツボの主治・効能】
偏頭痛、めまい、耳鳴、目赤・腫痛

【名前の由来】
「率」とは沿うという意味で「谷」はここでは、側頭骨の縫合を指す。

ページ先頭へ

 
GB9.png

GB9 天衝.jpg
【ツボの位置】
曲鬢と完骨を結ぶ曲線を3等分し、上1/3に取る。(曲鬢;角孫と和髎の中央に取る。完骨;乳様突起中央の後方の陥凹部に取る。)

【ツボの主治・効能】
頭痛、歯痛、めまい、精神病

【名前の由来】
「天」は頭頂部の百会を、「衝」は通じる道を指している。本穴は頭頂部に通じる道の役割があるので、天衝と名づけられた。

ページ先頭へ

 
GB10.png

GB10 浮白.jpg
【ツボの位置】
曲鬢と完骨を結ぶ曲線のほぼ中央に取る。(曲鬢;角孫と和髎の中央に取る。完骨;乳様突起中央の後方の陥凹部に取る。)

【ツボの主治・効能】
頭痛、耳鳴、めまい

【名前の由来】
「浮」は浅い表にあることを意味する。「白」は五臓で肺を指す。本穴は肺疾患を治す穴のため、この名がついた。

ページ先頭へ

 
GB11.png

GB11 頭竅陰.jpg
【ツボの位置】
曲鬢と完骨を結ぶ曲線を3等分し、下1/3に取る。(曲鬢;角孫と和髎の中央に取る。完骨;乳様突起中央の後方の陥凹部に取る。)

【ツボの主治・効能】
頭痛、耳鳴、めまい

【名前の由来】
「竅」は孔を意味する。五臓は陰に属し、すべて頭部に開竅している。 「竅」は孔のこと。 「陰」である五臓はすべて頭部に開竅している。 この経穴の主治は頭部七竅(頭部にある7つの穴)であることから名づけられた


ページ先頭へ

 
GB12.png

GB12 完骨.jpg
【ツボの位置】
乳様突起中央の後方の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
頭痛、頚部筋肉痛、顔面神経麻痺、肩こり

【名前の由来】
側頭骨の乳様突起を古代では「完骨」といったことに由来する


ページ先頭へ

 
GB13.png

GB13 本神.jpg
【ツボの位置】
神庭と頭維を結ぶ線上、頭維の内側1寸5分に取る。(頭維;側頭部の額髪際に取る。髪庭;前正中線上で前髪際を入ること5分に取る。)

【ツボの主治・効能】
頭痛、めまい、不眠、精神病

【名前の由来】
脳は元神の府であるということに由来する



ページ先頭へ

 
GB14.png

GB14 陽白.jpg
【ツボの位置】
眉毛中央の上1寸に取る。

【ツボの主治・効能】
頭痛、目の疾患、三叉神経痛、顔面神経麻痺

【名前の由来】
明るい光を「白」という。物がはっきりみえない、暗闇で物がぼやける、眼球の痛みやかゆみ、遠視や弱視などの眼科疾患に対して本穴を使えば、陽光が目に射すほど、はっきり物が見えるようになることから、本穴の名前がつけられた

ページ先頭へ

 
GB15.png

GB15 頭臨泣.jpg
【ツボの位置】
瞳孔の直上、前髪際を入ること5寸に取る。

【ツボの主治・効能】
頭痛、目の疾患、鼻の疾患

【名前の由来】
「泣」とは声を上げずに泣くことを意味する。人は泣く寸前に必ず鼻腔から前頭部にかけてジーンとしてから涙が流れる。本穴は、上液の道を臨み、涕と涙がともに下る所なのでこの名がついた。

ページ先頭へ

 
GB16.png

GB16 目窓.jpg
【ツボの位置】
頭臨泣の後1寸に取る。(頭臨泣;瞳孔の直上、前髪際を入ること5寸に取る。)

【ツボの主治・効能】
頭痛、目の疾患、鼻の疾患

【名前の由来】
「窓」は日光が射し込む窓を指している。足の少陽の経気が本穴に集まり目に注ぎ込むことから、名づけられた

ページ先頭へ

 
GB17.png

GB17 正営.jpg
【ツボの位置】
頭臨泣の後2寸に取る。(頭臨泣;瞳孔の直上、前髪際を入ること5寸に取る。)

【ツボの主治・効能】
頭痛、めまい、歯痛

【名前の由来】
「正」は正確、「営」は営気を意味する。営気は血とともに脈中を巡り全身を栄養している。本穴は頭部三行五穴の一つで、脳が正確に営気を輸送しているので、正営と名づけられた。

ページ先頭へ

 
GB18.png

GB18 承霊.jpg
【ツボの位置】
頭臨泣の後3寸5分に取る。(頭臨泣;瞳孔の直上、前髪際を入ること5寸に取る。)

【ツボの主治・効能】
頭痛、めまい、鼻の疾患

【名前の由来】
「承」は受け取る、承受などを意味する。「霊」とは神のこと。本穴は元神の府である頭頂部にある。足の少陽の経気は、目窓、正営から巡り、通天、百会と通じている。これらの穴は神の思惟活動に関係しているため、承霊と名づけられた


ページ先頭へ

 
GB19.png

GB19 脳空.jpg
【ツボの位置】
風池の上2寸に取る。(風池;乳様突起下端と後正中線との中央で、後髪際の陥凹部に取る。)

【ツボの主治・効能】
頭痛、めまい、頚部筋肉痛、精神病

【名前の由来】
督脈の脳戸とともに後頭部にあることを意味している。


ページ先頭へ

 
GB20.png

GB20 風池.jpg
【ツボの位置】
乳様突起下端と後正中線との中央で、後髪際の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
頭痛、めまい、眼・鼻の疾患、耳鳴、頚部筋肉痛、感冒、発熱、片麻痺、肩こり、背部痛

【名前の由来】
後頭部の浅い陥凹にあることを「池」に例え、風邪がここから脳を侵しやすいことを示している


ページ先頭へ

 
GB21.png

GB21 肩井.jpg
【ツボの位置】
大椎と肩峰を結ぶ線の中央に取る。

【ツボの主治・効能】
後頭部痛、頚腕障害、肩こり、背部痛

【名前の由来】
肩の上から缼盆を臨むと井戸がイメージされることに由来する


ページ先頭へ

 
GB22.png

GB22 淵腋.jpg
【ツボの位置】
中腋窩線上で第4肋骨間に取る。

【ツボの主治・効能】
胸脇苦満、肋間神経痛

【名前の由来】
腋窩の下に深く隠れることを示している


ページ先頭へ

 
GB23.png

※↑輒筋の「輒」の文字が表示されないため、表示が「朝筋」になっております。「輒筋(ちょうきん)」が正しい表記になります。

GB23 朝筋.jpg
【ツボの位置】
第4肋骨間に取る。

【ツボの主治・効能】
胸脇苦満、肋間神経痛

【名前の由来】
「輒」とは馬車等の両側の板「手すり」を指す。側胸部の肋骨弓をそれに例えている


ページ先頭へ

 
GB24.png

GB24 日月.jpg
【ツボの位置】
乳中の直下、第7肋骨間に取る。

【ツボの主治・効能】
胸脇苦満、肋間神経痛、嘔吐、ゲップ、黄疸

【名前の由来】
日、月を合わせると「明」という字になる。本穴は胆の募穴で、胆は中正の官、決断の出る所で、決断とはその明(真理)を求めることであることに由来する。


ページ先頭へ

 
GB25.png

GB25 京門.jpg
【ツボの位置】
第12肋骨の前端下際に取る。

【ツボの主治・効能】
小便不利、水腫、肋間痛、腹脹、脹鳴、下痢

【名前の由来】
腎の募穴。「京」は「みやこ」の意味で、その重要性を示している。


ページ先頭へ

 
GB26.png

GB26 帯脈.jpg
【ツボの位置】
第11肋骨前端の直下、臍と同じ高さの水平線(ヤコビー線)上に取る。

【ツボの主治・効能】
婦人病、帯状疱疹、腹痛、腰肋痛、疝気

【名前の由来】
足少陽経と奇経八脈の帯脈がここで合流することに由来する。


ページ先頭へ

 
GB27.png

GB27 五枢.jpg
【ツボの位置】
上前腸骨棘の前際に取る。

【ツボの主治・効能】
婦人病、帯状疱疹、腹痛、腰肋痛、疝気
 
【名前の由来】
胆経の京門・帯脈・五枢・維道・巨髎の5経穴のうち、中央にあることから五枢と名づけられた。



ページ先頭へ

 
GB28.png

GB28 維道.jpg
【ツボの位置】
五枢の前下方5分に取る。

【ツボの主治・効能】
婦人病、帯状疱疹、腹痛、腰肋痛、疝気

【名前の由来】
「維」はつなぐ、つなぎとめる、「道」は路、通り道の意味。足の少陽は五枢に至るときに腹の前に向かってめぐり、維道と交わる。本穴は帯脈とつながっていることから、維道と名づけられた


ページ先頭へ

 
GB29.png

※↑居髎の「髎」の文字が表示されないため、表示が「居摎」になっております。「居髎(きょりょう)」が正しい表記になります。
GB29 巨摎.jpg
【ツボの位置】
五枢から大転子を結ぶ線を二等分した点に取る。

【ツボの主治・効能】
腰腿痛、片麻痺

【名前の由来】
「居」はかがむ、「髎」は骨に挟まれた間隙、陥凹の意味である。本穴は股関節の中にあり、膝を曲げて腰をかがめると、股関節の横に陥凹ができることに由来する。


ページ先頭へ

 
GB30.png

GB30 環跳.jpg
【ツボの位置】
大転子と仙骨裂孔を結ぶ線を3等分し、その外1/3の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
坐骨神経痛、臀痛、片麻痺、下肢の知覚・運動障害

【名前の由来】
股関節は「跳ぶ」などの運動に関する「軸」であることを示している


ページ先頭へ

 
GB31.png

GB31 風池.jpg
【ツボの位置】
大腿外側の中線上、膝窩横紋の上7寸に取る。

【ツボの主治・効能】
片麻痺、下肢の知覚・運動障害

【名前の由来】

「市」とは集合する、集結するなどを意味する。本穴は、風の気が集まる所を指し、袪風の要穴であることに由来する。(「袪風」(キョフウ)とは、「風邪」(フウジャ)を追い出し、経絡を通じさせる働きです。風邪を予防し、陽気を全身に通じさせて気血の流れをよくする働きがあるとされている。)

ページ先頭へ

 
GB32.png

GB32 中讀.jpg
【ツボの位置】
膝窩横紋の上5寸、腸頸靭帯と大腿二頭筋の間の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
片麻痺、下肢の知覚・運動障害

【名前の由来】
腸頸靭帯と大腿二頭筋の間にできる溝を狭い排水路「瀆」に例えた

ページ先頭へ

 
GB33.png

GB33 膝陽関.jpg
【ツボの位置】
大腿骨外側上顆の上縁、腸頸靭帯と大腿二頭筋の間の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
膝関節障害、下肢の知覚・運動障害

【名前の由来】
本穴は大腿部、膝上の外側(陽側)の関節部(関)にあるので、この名がつけられた

ページ先頭へ

 
GB34.png

GB34 陽陵泉.jpg
【ツボの位置】
腓骨頭の前下際の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
片麻痺、膝関節障害、下肢の知覚・運動障害

【名前の由来】
「陽」は外側で、「陵」は腓骨頭を指す。その前下方の陥凹部を「泉」に例えた

ページ先頭へ

 
GB35.png

GB35 陽交.jpg
【ツボの位置】
外果から陽陵泉に向かい7寸、腓骨の後縁に取る。

【ツボの主治・効能】
片麻痺、膝痛、下腿の軟弱無力、胸脇苦満

【名前の由来】
足少陽と陽維脈の交会穴であることに由来する

ページ先頭へ

 
GB36.png

GB36 外丘.jpg
【ツボの位置】
外果から陽陵泉に向かい7寸、腓骨の前縁に取る。

【ツボの主治・効能】
頚部筋肉痛、胸脇苦満、下腿の外側痛

【名前の由来】
この部分の筋肉は「丘」のように隆起することを意味する

ページ先頭へ

 
GB37.png

GB37 光明.jpg
【ツボの位置】
外果から陽陵泉に向かい5寸に取る。

【ツボの主治・効能】
膝痛、下腿の知覚・運動障害、眼の疾患

【名前の由来】
絡穴で、肝経に絡む。肝は目に開竅するので、肝胆の火による眼疾患に効くため名づけられた

ページ先頭へ


 
GB38.png

GB38 陽輔.jpg
【ツボの位置】
外果から陽陵泉に向かい4寸の部位からやや前に取る。

【ツボの主治・効能】
偏頭痛、眼の疾患、片麻痺、下腿の外側痛

【名前の由来】
古代、腓骨を「外輔骨」といっていたことに由来する

ページ先頭へ

 
GB39.png

GB39 懸鐘.jpg
【ツボの位置】
外果から陽陵泉に向かい3寸に取る。

【ツボの主治・効能】
片麻痺、下腿の外側痛、胸脇苦満

【名前の由来】
「懸」には、つり下げるという意味がある。古代では、子供がここに鐘のようなスズをぶらさげていたことに由来する

ページ先頭へ

 
GB40.png

GB40 丘虚.jpg
【ツボの位置】
外果の前下方の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
頚項痛、下腿の軟弱無力、外果腫脹・疼痛

【名前の由来】
大きな丘を「墟」という。外果をそれに例え名づけた


ページ先頭へ

 
GB41.png

GB41 足臨泣.jpg
【ツボの位置】
足背の第4、第5中足骨底の前の陥凹部に取る。
 
【ツボの主治・効能】
足背痛、眼の疾患、めまい
 
【名前の由来】
本穴は第4・第5中足骨接合部の前方の陥凹にあり、足の少陽の兪穴に属している。本穴は足を臨み、経気は目まで通じ眼科疾患を特異としていることに由来する。



ページ先頭へ

 
GB42.png

GB42 地五会.jpg
【ツボの位置】
第4中足指節関節の後、外側陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
足背痛、頭痛、目赤、耳鳴、めまい

【名前の由来】
天人合一説(人体は常に自然と一体とする説)では、頭を天に象り、足を地といった。本穴は足背部が赤く腫れ上がり、五本の足趾が地につけられない症状を治すことに由来する


ページ先頭へ

 
GB43.png

GB43 狭谿.jpg
【ツボの位置】
第4中足指節関節の前、外側陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
足背痛、頭痛、目赤、耳鳴、めまい

【名前の由来】
「侠」とは狭いの意で、「谿」は細い溝を指す。本穴は第4・第5中足指節関節の間で、狭い所にあるのでこの名がつけられた


ページ先頭へ

 
GB44.png

GB44 足窮陰.jpg
【ツボの位置】
第4指爪甲根部、その外側の角を去ること1分(約3mm)に取る。

【ツボの主治・効能】
偏頭痛、目赤、耳鳴、めまい、不眠、発熱

【名前の由来】
「竅」は隙間、陥凹を指す。五竅(耳 ・鼻 ・口・目 ・二陰)はみな陰に属す。本穴は眼科疾患・耳の疾患を主治とし、頭竅陰と主治が同じで、足部にあることから足竅陰と名づけられた


ページ先頭へ