西宮・甲子園の隠れ家診療所
AIMY鍼灸整骨院 10th Anniversary
〒663-8103 兵庫県西宮市熊野町1-5ファイブビル2F
『東北に笑顔を』 そして 被災された すべての皆様に『笑顔を』

sign.png

督脈(Governor Vessel;GV)は「陽経の海」といわれ、諸陽経を統括する作用をもつ。その流注により、経穴の作用は生体の陽気を鼓舞させることである。具体的には頭項部の鎮静作用、上背部の呼吸・循環器系の調節、中背部の消化器系、泌尿器系及び腰椎の疾患の治療、腰仙骨部の生殖器系や婦人科の疾患の治療に大別される。

 
gv1.png

GV1.jpg
【ツボの位置】
尾骨下端と肛門の中央に取る。

【ツボの主治・効能】
痔、血便、遺精、早漏、排尿障害、脱肛、ED

【名前の由来】
督脈は尾骨から脊柱の中心を通り頭部へと上行している。脊柱は長く強固な骨であることに由来する。また督脈は、諸陽の長と呼ばれ、全身の陽気が集まる所でもある。その気は強く盛んなのでこの名がついたとも言われている



ページ先頭へ

 
gv2.png

GV2.jpg
【ツボの位置】
仙骨裂孔の中央陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
婦人病、冷え性、遺精、早漏、排尿障害、ED、慢性下痢、腰・仙骨神経痛、性病

【名前の由来】
「兪」とは輸の意味。腰部の脈気が転輸する所を指している。本穴は仙骨裂孔の中央陥凹部にあり、仙骨の痛み、腰部の疾患を主治とすることから名づけられた


ページ先頭へ

 
gv3.png

GV3.jpg
【ツボの位置】
第4腰椎棘突起の下に取る。

【ツボの主治・効能】
腰腿痛、下肢麻痺、無力、坐骨神経痛、婦人病、遺精、早漏、ED

【名前の由来】
任脈の関元「元気の関所」に対して、本穴は陽気の関所である


ページ先頭へ

 
gv4.png

GV4.jpg
【ツボの位置】
第2腰椎棘突起の下に取る。

【ツボの主治・効能】
慢性腰痛、下肢麻痺、坐骨神経痛、婦人病、冷え性、不妊症、胃下垂、遺精、早漏、ED

【名前の由来】
両腎の間のことを「命門」という。腎の精気が生命の元であることから名づけられた

ページ先頭へ

 
gv5.png

GV5.jpg
【ツボの位置】
第1腰椎棘突起の下に取る。

【ツボの主治・効能】
腹脹、腸鳴、消化不良、慢性下痢、胃下垂、腰背痛

【名前の由来】
「懸」はひっかかる、「枢」は枢軸、扉の回転軸の意味。本穴は上下のものをつなげる役目があり、脊柱の下方で腰部の要となる。両脇に三焦兪があり、三焦は気機運化の枢軸であることから、懸枢と名づけられた。



ページ先頭へ

 
gv6.png

GV6.jpg
【ツボの位置】
第11胸椎棘突起の下に取る。

【ツボの主治・効能】
腹脹、腸鳴、慢性下痢、胃下垂、腰背痛

【名前の由来】
脊椎の中央にあることから名づけられた

ページ先頭へ


 
gv7.png

GV7.jpg
【ツボの位置】
第10胸椎棘突起の下に取る。

【ツボの主治・効能】
腰背痛、胃痛、腹脹、食欲不振、黄疸、感冒

【名前の由来】
「中」は中間、「枢」は枢軸、枢機の意味。本穴は第10胸椎下にあり、脊柱の転枢という意味

ページ先頭へ


 
gv8.png

GV8.jpg
【ツボの位置】
第9胸椎棘突起の下に取る。

【ツボの主治・効能】
腰背痛、胃痛、胃痙攣、胆嚢炎、胆石

【名前の由来】
肝兪と並ぶ部位で肝は筋を主るということに由来する

ページ先頭へ


 
gv9.png

GV9.jpg
【ツボの位置】
第7胸椎棘突起の下に取る。

【ツボの主治・効能】
肋間神経痛、腰背痛、胃痛、胃痙攣、胆嚢炎、胆石

【名前の由来】
「至」とはこれ以上進めない地点に来るという意味。本穴は横隔膜の水平位置にあたり上焦と中焦の境で、上焦は陽に属し、ここまでは陽が至るという意味。



ページ先頭へ

 
gv10.png

GV10.jpg
【ツボの位置】
第6胸椎棘突起の下に取る。

【ツボの主治・効能】
咳嗽、喘息

【名前の由来】
「霊」は心、「台」は高い場所に台座するという意味。本穴は第6胸椎下にあり、内側に心を蔵し、心の霊が鎮座する場所であることを示している



ページ先頭へ

 
gv1.png

GV11.jpg
【ツボの位置】
第5胸椎棘突起の下に取る。

【ツボの主治・効能】
動悸、不眠、ヒステリー、失語症

【名前の由来】
「神」や「霊」などは精神活動を意味する。東洋医学では心の働きによるとされ、これらの字をつけた経穴は心臓の位置にある。


ページ先頭へ

 
gv12.png

GV12.jpg
【ツボの位置】
第3胸椎棘突起の下に取る。

【ツボの主治・効能】
発熱、頭痛、動悸、不眠、咳嗽、喘息、背筋痛

【名前の由来】
「身」は身体、体幹、「柱」は支えるものを指している。本穴は両肺、肩甲骨の真中に位置し、肩胛骨の加重を支えていることから、名づけられた。


ページ先頭へ

 
gv13.png

GV13.jpg
【ツボの位置】
第1胸椎棘突起の下に取る。

【ツボの主治・効能】
発熱、頭痛、感冒、咳嗽、喘息、うつ症、背筋痛

【名前の由来】
陶道はかまどで焼き物を作る火の通路の意味である。本穴は解熱の要穴なので、名づけられた


ページ先頭へ

 
gv14.png

GV14.jpg
【ツボの位置】
第7頸椎棘突起の下に取る。

【ツボの主治・効能】
発熱、頭痛、感冒、背筋痛、うつ症、皮膚発疹

【名前の由来】
第7頚椎のことを古代では大椎といったことに由来する。現代は隆椎という


ページ先頭へ

 
gv15.png

※↑瘂門の「瘂」の文字が表示されないため、表示が「亜門」になっております。「瘂門(あもん)」が正しい表記になります。

GV15.jpg
【ツボの位置】
後正中線上で項窩の中央、風府の下5寸に取る。(風府;後正中線上で、外後頭隆起の直下の陥凹部に取る。)

【ツボの主治・効能】
後頭痛、失語症、脳性麻痺、鼻血

【名前の由来】
「瘂」とは啞者でしゃべれない状態をいい、「門」は門戸を指す。瘂を治す重要な門戸であるので、この穴を瘂門と呼んでいる


ページ先頭へ

 
gv16.png

GV16.jpg
【ツボの位置】
後正中線上で、外後頭隆起の直下の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
後頭痛、めまい、失語症、片麻痺、感冒

【名前の由来】
「風」は風邪、「府」は集まる所を意味する。風は陽邪で、軽揚の性質があり、風邪だけが頭頂部の高みに到達することができる。本穴は後髪際の項の場所、僧帽筋腱の間の陥凹にあることから、この名がついた

ページ先頭へ

 
gv17.png

GV17.jpg
【ツボの位置】
後正中線上で、外後頭隆起の上縁の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
後頭痛、頭重、めまい、嗄声、テンカン

【名前の由来】
出入りする所を「戸」という。本穴は後頭孔の上縁にあり、脳気の出入りする所であることに由来する

ページ先頭へ

 
gv18.png

GV18.jpg
【ツボの位置】
後正中線上で、風府と百会の中点に取る。(風府;後正中線上で、外後頭隆起の直下の陥凹部に取る。百会;左右の耳尖を結ぶ線と正中線の交点に取る。)

【ツボの主治・効能】
後頭痛、頭重、めまい、テンカン

【名前の由来】
「強」は強固で堅牢な状態を指し、頭蓋骨のことを指している。「間」は間隙の意味。本穴は頭頂骨と後頭骨の人字縫合の間にあり、硬く強直な頭蓋骨上の縫合の間にあることに由来する

ページ先頭へ

 
gv19.png

GV19.jpg
【ツボの位置】
後正中線上で百会の後1寸5分に取る。(百会;左右の耳尖を結ぶ線と正中線の交点に取る。)

【ツボの主治・効能】
後頭痛、頭重、めまい、テンカン、不眠

【名前の由来】
「頂」は頭の長上のことで、本穴は頭頂部の百会の後方にあることから名づけられた

ページ先頭へ

 
gv20.png

GV20.jpg
【ツボの位置】
左右の耳尖を結ぶ線と正中線の交点に取る。

【ツボの主治・効能】
頭痛、めまい、鼻づまり、失語症、テンカン、不眠、高血圧、内臓下垂

【名前の由来】
百とは経脈の数が多い、会とはその気血流注が集まるという意味である。頭は諸陽の会であり、本穴は頭の頂点正中に位置することから名づけられた

ページ先頭へ

 
gv21.png

GV21.jpg
【ツボの位置】
前正中線上で百会の前1寸5分に取る。(百会;左右の耳尖を結ぶ線と正中線の交点に取る。)

【ツボの主治・効能】
頭痛、めまい、鼻炎、不眠、高血圧

【名前の由来】
「頂」は頭の頂点の意味。本穴は頭頂部の百会の前にあることから名づけられた

ページ先頭へ

 
gv22.png

※↑顖会の「顖」の文字が表示されないため、表示が「顋会」になっております。「顖会(しんえ)」が正しい表記になります。

GV22.jpg
【ツボの位置】
前正中線上で百会の前3寸、前髪際の上2寸に取る。(百会;左右の耳尖を結ぶ線と正中線の交点に取る。)

【ツボの主治・効能】
頭痛、めまい、鼻炎、不眠、高血圧

【名前の由来】
古代では泉門を顖といい、本穴は大泉門(額の上部にある、骨と骨の継ぎ目部分)にあることに由来する

ページ先頭へ

 
gv23.png

GV23.jpg
【ツボの位置】
前正中線上で百会の前4寸、前髪際の上1寸に取る。(百会;左右の耳尖を結ぶ線と正中線の交点に取る。)

【ツボの主治・効能】
頭痛、めまい、鼻や眼の疾患、不眠、高血圧

【名前の由来】
「上」は高いところ、「星」は夜空の星のことを意味する。昔、天気は鼻に通じ、目は太陽、月、星に似ているといわれており、本穴は目に届く高さにあることから名づけられた。


ページ先頭へ

 
gv24.png

GV24.jpg
【ツボの位置】
前正中線上で、前髪際を入ること5分に取る。

【ツボの主治・効能】
頭痛、めまい、鼻や眼の疾患、不眠、高血圧

【名前の由来】
脳は「元神の府」と呼ばれ、精神知能の発育や生理活動の中心であり、前髪際の正中にあり門庭にたとえられた。本穴は頭蓋骨上にあるため、神庭と呼ばれている

ページ先頭へ

 
gv25.png

※↑素髎の「髎」の文字が表示されないため、表示が「素摎」になっております。「素髎(そりょう)」が正しい表記になります。

GV25.jpg
【ツボの位置】
前正中線上で、鼻先の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
鼻の諸疾患

【名前の由来】
「素」は白色、「髎」は骨に挟まれた陥凹を意味する。肺は鼻に開竅し、その色は白に属す。本穴は鼻先の正中にあるため、素髎と名づけられた

ページ先頭へ

 
gv26.png

GV26.jpg
【ツボの位置】
前正中線上で、人中の中央やや上に取る。

【ツボの主治・効能】
顔面神経痛、三叉神経痛、失神

【名前の由来】
鼻は呼吸により天の気を、口は飲食により地の気を主り、本穴は天の下、地の上、その中間の人の位置に属す。


ページ先頭へ

 
gv27.png

GV27.jpg
【ツボの位置】
前正中線上で、赤唇上縁に取る。

【ツボの主治・効能】
唇炎、歯肉炎、口臭

【名前の由来】
「兌」とは八卦の一つで口を象る。本穴は口唇の上端にあり、督脈の気が生まれる所で、督脈の末端にある穴なので、兌端と呼ばれている

ページ先頭へ

 
gv28.png

GV28.jpg
【ツボの位置】
前正中線上で、上唇小帯の直下(歯肉付着部)に取る。

【ツボの主治・効能】
唇炎、歯肉炎、歯痛、口臭

【名前の由来】
「齦」は歯齦、「交」は交会するの意味。本穴は上歯根と上唇小帯とが交わる所であり、任脈と督脈、足の陽明が交会する所であることを示している

ページ先頭へ