西宮・甲子園の隠れ家診療所
AIMY鍼灸整骨院 10th Anniversary
〒663-8103 兵庫県西宮市熊野町1-5ファイブビル2F
『東北に笑顔を』 そして 被災された すべての皆様に『笑顔を』

SP-top.png

足の太陰脾経 ( Spleen Meridien;SP ) は、体内では脾の臓に属し胃の腑に絡む。体表では、下肢内側の前縁、体幹の前面を走り、胸部側面の第6肋骨間に至る。その流注により、大腸経の経穴は下肢内側の知覚・運動障害及び、消化器系、栄養吸収不良や慢性疲労の改善、婦人科の疾患の治療に用いられる。

原穴   SP3 太白

郄穴   SP8 地機

絡穴   SP4 公孫

募穴   章門(肝経)

兪穴   脾兪(膀胱経)

 
sp1.png

脾経 1 隠白.jpg
【ツボの位置】
足の第1指爪甲根部の内側、その角を去ること1分(3mm)に取る。

【ツボの主治・効能】
婦人科の諸症状、慢性出血症状、腹張、下痢、神経衰弱、足指痛

【名前の由来】
五行で脾と肺は母子の関係で、白は肺の色、気血流注により、肺気がここに隠れているということに由来する。





ページ先頭へ

 
sp2.png

脾経 2 大都.jpg
【ツボの位置】
足の第1中足指節関節の前、内側の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
足指痛・腫脹、腹張、腹痛、下痢、急・慢性胃腸炎、神経衰弱

【名前の由来】
諸病が広く大きい場所に集まり、本穴がそれらを治療できることから名づけられた。






ページ先頭へ

 
sp3.png

脾経 3 太白.jpg
【ツボの位置】
足の第1中足指節関節の後、内側の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
足指痛・腫脹、腹張、腹痛、嘔吐、下痢、腸鳴、食欲不振、急・慢性胃腸炎、神経衰弱

【名前の由来】
西方にある星を「太白金星」といい、肺はそれに応じる。脾土は肺金を生じるので、名づけられた。





ページ先頭へ

 
sp4.png

脾経 4 公孫.jpg
【ツボの位置】
足の第1中足骨底の内側前縁に取る。

【ツボの主治・効能】
足指痛・腫脹、腹脹、腹痛、嘔吐、下痢、腸鳴、食欲不振、急・慢性胃腸炎、神経衰弱

【名前の由来】
「孫」をここで脾経の分枝に解釈する。本穴が脾経の「絡穴」であることを示した。





ページ先頭へ

 
sp5.png

脾経 5 商丘.jpg
【ツボの位置】
内果の前下方の陥凹部に取る。

【ツボの主治・効能】
足関節痛・腫脹及び周囲軟部組織障害、腓腹筋痙攣、腹脹、腹痛、嘔吐、腸鳴、食欲不振

【名前の由来】
本穴は内果に位置し、足太陰の経金穴であり、金は五音では「商」にあたることに由来する。

ページ先頭へ

 
sp6.png

脾経 6 三陰交.jpg
【ツボの位置】
内果の上3寸、脛骨内側縁の骨際に取る。

【ツボの主治・効能】
婦人科の諸症状、生殖器系の障害、慢性出血症状、消化吸収不良の障害、神経衰弱

【名前の由来】
足の三陰経がここで合流するので、名づけられた。

ページ先頭へ

 
sp7.png

脾経 7 漏谷.jpg
【ツボの位置】
内果の上6寸、脛骨内側縁の骨際に取る。

【ツボの主治・効能】
膝と下腿の知覚・運動障害、慢性出血症状、腹脹、下痢

【名前の由来】
「漏」は滲み出ることで、「谷」は山にはさまれた陥凹部を指す。本穴は、三陰交の上3寸の所にあり、脛骨と腓骨の骨に挟まれていることより名づけられた。

ページ先頭へ

 
sp8.png

脾経 8 地機.jpg
【ツボの位置】
陰陵泉の下3寸、脛骨内側縁の骨際に取る。
陰陵泉;脛骨内側顆の下縁と脛骨内縁との接点に取る。)

【ツボの主治・効能】
膝と下腿の知覚・運動障害、婦人病、生殖器系の障害、腹脹、腹痛、下痢、腰痛

【名前の由来】
「地」は神、「機」は変化の意味。本穴は女性の月経不順などの婦人病の症状を改善させ、気血を補い生殖能力を盛んにする作用がある。その働きがまるで大地に万物の生命が復活するようなところに由来する。

ページ先頭へ

 
sp9.png

脾経 9 陰陵泉.jpg
【ツボの位置】
脛骨内側顆の下縁と脛骨内縁との接点に取る。

【ツボの主治・効能】
膝と下腿の知覚・運動障害、婦人病、生殖器系の障害、腹脹、腹痛、下痢、腰痛

【名前の由来】
脛骨の内側顆を「陰陵」、つまり高い突起の意味で、泉は湿邪を出し、脾虚の浮腫に聞くことを示唆している。

ページ先頭へ

 
sp10.png

脾経 10 血海.jpg
【ツボの位置】
膝を屈曲し、膝蓋骨内側上縁の上2寸に取る。

【ツボの主治・効能】
婦人科の諸疾患、慢性出血症状、貧血、生殖器系の障害、膝関節の障害

【名前の由来】
東洋医学の見方で女性は血を本とする。そして、本穴は婦人病治療の要穴であるところから名づけられた。

ページ先頭へ

 
sp11.png

脾経 11 箕門.jpg
【ツボの位置】
大腿内側、膝蓋骨内側上縁の上8寸、縫工筋と大腿直筋の間に取る。

【ツボの主治・効能】
大腿の知覚・運動障害、鼠径部リンパ節腫脹、生殖器系の障害

【名前の由来】
「箕」は星座の名前。本穴は大腿内側にあり、取穴には膝を曲げ足を外転させた姿が箕星に似ている所から名づけられた。

ページ先頭へ

 
sp12.png

脾経 12 衝門.jpg
【ツボの位置】
前正中線の外3寸5分、鼠径部溝の動脈拍動部に取る。

【ツボの主治・効能】
下腹痛、婦人病、生殖器系の障害、鼠径部リンパ節腫脹、慢性虫垂炎、小便不利

【名前の由来】
「衝」は突進、衝撃、「門」は経気が流注する門戸をいう。大動脈の拍動部にあることに由来する。

ページ先頭へ

 
sp13.png

脾経 13 府舎.jpg
【ツボの位置】
前正中線の外3寸5分、大横の下4寸3分に取る。
大横;臍の外3寸5分に取る。)

【ツボの主治・効能】
便秘、下痢、腸鳴、下腹痛、婦人病、生殖器系の障害、鼠径部リンパ節腫脹、小便不利

【名前の由来】
「府」は「腑」と通じる。「舎」とは部位の意味である。腹部には大・小腸などの六腑があることを示している。






ページ先頭へ

 
sp14.png

脾経 14 腹結.jpg
【ツボの位置】
前正中線の外3寸5分、大横の下1寸3分に取る。
大横;臍の外3寸5分に取る。)

【ツボの主治・効能】
便秘、下痢、腸鳴、腹痛

【名前の由来】
腹気「腸の蠕動」を調節する作用があり、腹部の脹満を解消することに由来する。








ページ先頭へ

 
sp15.png
脾経 15 大横.jpg
【ツボの位置】
臍の外3寸5分に取る。

【ツボの主治・効能】
便秘、下痢、腸鳴、腹痛

【名前の由来】
臍から大幅に横に離れてあるので名づけられた。

ページ先頭へ

 
sp16.png

脾経 16 腹哀.jpg
【ツボの位置】
前正中線の外3寸5分、大横の上3寸に取る。
大横;臍の外3寸5分に取る。)

【ツボの主治・効能】
食欲不振、腹痛、腸鳴、便秘、下痢

【名前の由来】
苦しめて音がすることを「哀鳴」といい、腹痛、腹鳴等の愁訴を治すことに由来する。






ページ先頭へ

 
sp17.png

※↑食竇の「竇」の文字が表示されないため、表示が「食讀」になっております。「食竇(しょくとく)」が正しい表記になります。

脾経 17 食竇.jpg
【ツボの位置】
前正中線の外6寸、第5肋骨間に取る。

【ツボの主治・効能】
食欲不振、腹痛、腸鳴、胸痛苦満、肋間神経痛

【名前の由来】
「とく」とは空洞の意味で、食道と胃を接続するこの部位で、飲食物が胃袋に入ることを示している。








ページ先頭へ

 
sp18.png

脾経 18 天谿.jpg
【ツボの位置】
前正中線の外6寸、第4肋骨間に取る。

【ツボの主治・効能】
咳嗽、喘息、胸痛苦満などの呼吸疾患、乳腺炎、心胸痛、肋間神経痛

【名前の由来】
天は「上」を指し、「谿」は乳汁の分泌を浅い川にイメージしたものである。








ページ先頭へ

 
sp19.png

脾経 19 胸郷.jpg
【ツボの位置】
前正中線の外6寸、第3肋骨間に取る。

【ツボの主治・効能】
咳嗽、喘息、胸痛苦満などの呼吸疾患

【名前の由来】
人が居住する場所を「郷」というが、意味が転じて病変部位のことを指す。本穴は胸脇部にあり、胸部疾患を治す作用があることに由来する。







ページ先頭へ

 
sp20.png

脾経 20 周栄.jpg
【ツボの位置】
咳嗽、喘息、胸痛苦満などの呼吸疾患

【ツボの主治・効能】
前正中線の外6寸、第2肋骨間に取る。

【名前の由来】
「栄」は「営」と同じ。栄養素の意味で、脾は営気を作り出すことから、名づけられた。








ページ先頭へ

 
sp21.png

脾経 21 大包.jpg
【ツボの位置】
咳嗽、喘息、胸脇苦満、倦怠無力

【ツボの主治・効能】
中腋窩線上、第6肋骨間に取る。

【名前の由来】
「包」はまとめる、総括する意味で、本穴が脾の大絡で、諸経脈をまとめることを意味する。 






ページ先頭へ