西宮・甲子園の隠れ家診療所
AIMY鍼灸整骨院 10th Anniversary
〒663-8103 兵庫県西宮市熊野町1-5ファイブビル2F
『東北に笑顔を』 そして 被災された すべての皆様に『笑顔を』

要穴ちょびっと詳細

原穴(げんけつ)

説明:原は三焦を意味し、両腎間に在すると仮定する。
使用:臓・腑の疾患に応じで反応がでる。その為、臓・腑の疾患に用い補瀉共に可能。
経絡経穴

  • 陰経              陽経
  • 足の厥陰肝経   大衝     足の少陽胆経    丘墟
  • 手の少陰心経   神門     手の太陽小腸経   腕骨
  • 足の太陰脾経   太白     足の陽明胃経    衝陽
  • 手の太陰肺経   太淵     手の陽明大腸経   合谷
  • 足の少陰腎経   大谿     足の太陽膀胱経   京骨
  • 手の厥陰心包経   大陵      手の少陽三焦経   陽池

郄穴(げきけつ)

説明:郄(げき)は閉じるとかくぼみ・間隙の隙と同義とされ、触診すると、骨肉の間の溝のように感じるところ。
使用:急性疾患での反応が強く、かつ反応が早くあらわれるので、その治療に用いる。
経絡経穴

  • 陰経              陽経
  • 足の厥陰肝経   中都     足の少陽胆経    外丘
  • 手の少陰心経   陰郄     手の太陽小腸経   養老
  • 足の太陰脾経   地機     足の陽明胃経    梁丘
  • 手の太陰肺経   孔最     手の陽明大腸経   温溜
  • 足の少陰腎経   水泉     足の太陽膀胱経   金門
  • 手の厥陰心包経   郄門      手の少陽三焦経   会宗

、奇経における郄穴
陰蹻脈: 交信  陰維脈: 築賓  陽蹻脈: フ陽  陽維脈: 陽交

絡穴(らくけつ)

説明:疾病(邪気実)の際に反応がよく現れるといわれる。
使用:表裏の経を同時に治療したり、腑病・慢性疾患に効果があるとされている。
<ちょびっと詳細>
経絡経穴

  • 陰経              陽経
  • 足の厥陰肝経   蠡溝     足の少陽胆経    光明
  • 手の少陰心経   通里     手の太陽小腸経   支正
  • 足の太陰脾経   公孫     足の陽明胃経    豊隆
  • 手の太陰肺経   列缺     手の陽明大腸経   偏歴
  • 足の少陰腎経   大鐘     足の太陽膀胱経   飛陽
  • 手の厥陰心包経   内関      手の少陽三焦経   外関

  督脈  長強    任脈  鳩尾    脾の大絡 大包

募穴(ぼけつ)

説明:経の気がよく集まる。腹部または胸部にある。他経上(主に任脈)に多くある。
使用:陽病に効く。背部にある兪穴とは、表裏の関係にある。
<ちょびっと詳細>
経絡経穴

  • 陰経              陽経
  • 足の厥陰肝経   期門     足の少陽胆経    日月
  • 手の少陰心経   巨闕     手の太陽小腸経   関元
  • 足の太陰脾経   章門     足の陽明胃経    中脘
  • 手の太陰肺経   中府     手の陽明大腸経   天枢
  • 足の少陰腎経   京門     足の太陽膀胱経   中極
  • 手の厥陰心包経   膻中      手の少陽三焦経   石門

兪穴(ゆけつ)(五行穴の兪穴ではありません)

説明:五行穴の兪穴と区別するために、背部兪穴ということもある。病をよく治療する穴の意で、背部にある。
使用:陰病に効く。兪の文字には『抜き取る』の意味があり、病の元となる邪気を抜き取って癒す意味になった。
<ちょびっと詳細>
経絡経穴

  • 陰経              陽経
  • 足の厥陰肝経   肝兪     足の少陽胆経    胆兪
  • 手の少陰心経   心兪     手の太陽小腸経   小腸兪
  • 足の太陰脾経   脾兪     足の陽明胃経    胃兪
  • 手の太陰肺経   肺兪     手の陽明大腸経   大腸兪
  • 足の少陰腎経   腎兪     足の太陽膀胱経   膀胱兪
  • 手の厥陰心包経   厥陰兪     手の少陽三焦経   三焦兪

四総穴(しそうけつ)

足三里(胃経) :肚腹は三里に止め-腹部一切の疾患に応用
委中(膀胱兪) :腰背は委中に求む-腰背部の疾患に用いる
列缺(肺経) :頭項は列缺に尋ね-頭項部疼痛に用いる
合谷(大腸経) :面目は合谷に収む-顔面及び目の疾患に用いる

八総穴

衝脈:公孫(脾経)  - 陰維脈:内関(心包経)
<これらは胃や心臓の疾患に使う>

帯脈:足臨泣(胆経) - 陽維脈:外関(三焦経)
<これらは外眼角、耳後、頬、頚、肩の疾患に使う>

督脈:後谿(小腸経) - 陽蹻脈:申脈(膀胱経)
<これらは内眼角、耳、項、肩甲骨の疾患に使う>

任脈:列缺(肺経)  - 陰蹻脈:照海(腎経)
<これらは胸、肺、横隔膜の疾患に使う>

八会穴

説明:腑・臓・筋・髄・血・脈・骨・気、の脈の交会する所とし、腑会・臓会・筋会・髄会・血会・脈会・骨会・気会の名がある。

髄会   中脘(任脈)      腑の疾患に用いる
臓会   章門(肝経)      臓の疾患に用いる
筋会   陽陵泉(胆経)     筋の疾患に用いる
髄会   絶骨(懸鐘)(胆経)  髄の疾患に用いる
血会   膈兪(膀胱経)     血液疾患に用いる
骨会   大杼(膀胱経)     骨の疾患に用いる
脈会   太淵(肺経)      脈の疾患に用いる
気会   膻中(任脈)      気の疾患に用いる